« 草人木・その41(茶業・6)/まず、図書館。なぜか、日本刀。 | トップページ | 草人木・その43(茶道具・16)/正座とソファと »

2011年11月29日 (火)

草人木・その42(茶道具・15)/そして、美術館。たまたま、柴又。

◆問◆

 「瀟湘八景図」「羅漢図」などを書いた中国南宋時代末期の禅僧、画家は誰か。

---*---*---*---*---*---*---*---

 前夜、たらふくごちそうになり、
 もーだめ、入らない、といいながら倒れ込んで、起きたのが6時半で、
 これ以上食べられるわけがないといいながら、おいしい朝ご飯を食べて、
 出かける用意ができちゃったのが9時半で、
 家人が12時のチェックアウトまで居眠りすると宣言したら。

 そりゃもう、美術館。
 (徒歩5分に、出光美術館)。
 展覧会を見終わったら区別がつくかしらと思ったら、
 ・・・・・・。
 (絵葉書売場の前で、「これ、どっちだっけ?」と言ってたひともいるので、わたしだけでも、ないらしい。)

 にしても、
 日曜の朝10時なのに、びっくりするほど人がいっぱい。
 熱心にメモを取っていた美大生風の人やら、声高に「絵を描く難しさ」について語っている高齢の男性やら。

 展示があるとは知らなかった「牧谿(もっけい)」の「平沙落雁図」の前には人がいなくて、じっくり見られたのは幸運でした。
 悪い夢を見ちゃいそうなムンクと、ルオーの部屋も、がらがら。
 出光美術館のいいところは、
 見終わった後、
 無料の飲み物(烏龍茶・煎茶・ほうじ茶)を飲みながら、
 のんびり皇居外苑を眺められるところ。

 出光美術館から皇居方面

 あちこちのお店をのぞきたいところですが、
 優雅な百貨店の空気が満ちていた、和光の並木館がなくなってしまったし、
 洒落た小物でいっぱいだった、伊東屋の三号館もずいぶん前になくなったし、
 まだ治らない脚も、そろそろ痛いし。

 日比谷

 チェックアウト後、
 そのまま帰るのもつまらない、と蛎殻町や人形町を回ってみるものの、
 近くに駐車場がなく、断念。
 じゃー帰ろうか、ときままに走ってたら、なぜか柴又方向へ。
 寅さんにはなんの興味もないけど、
 柴又帝釈天ははじめてだし、おもしろそう。
 参道もそんなに長くなくて、歩けそう。

 柴又帝釈天

 参道傍に「ババシャツ」の看板を見つけて、
 いわゆる半袖の「ババシャツ」を手に取り、
 「これ、もうちょっと後ろ衿がくったの、ないですかねえ」
 「うーん。型は同じだからねえ。これになっちゃうねえ」
 「きものに、このシャツ、ちょうどいいんだけど。今あるのが、みんな薄くなってきちゃって」
 「あーねー、きものねえ。そしたら、これ、おすすめ」
 「あーこれ! 麻のをずっと履いてます。絹? でもちょっと丈が長くないですか?」
 「だいじょぶだいじょぶ。けっこうきもので買ってく人いるよ」
 「じゃもらいます」

 絹の、婦人用すててこ。しかも安い。
 裾よけがわりの、1枚しかない麻のすててこは、ずいぶんよれよれなので、ちょうどよかった。

 「ババシャツ」のお店、実はきものに使えるものあり。

---*---*---*---*---*---*---*---
◆答◆
 牧谿(もっけい)

|

« 草人木・その41(茶業・6)/まず、図書館。なぜか、日本刀。 | トップページ | 草人木・その43(茶道具・16)/正座とソファと »

コメント

「長谷川等伯と狩野派」展、私も行きました!
やっぱり違いがよくわからないですね~。金ぴかで派手なのが狩野派、地味なのが長谷川派‥なんてね。こてれじゃあ、毒キノコの見分けかたみたいでダメですね~(^_^;)ゞ。図録も買って確かに勉強にはなるけど、いつも70展とかの洋画の企画展見てる私としては、もう少し作品数があったほうがよかったかなって思いました。

まりもさん、だいぶ歩き回ってるみたいだけど、足を大事にして下さいね(^-^)/。

投稿: two-tea | 2011年11月30日 (水) 18時11分

 今日も、出光美術館からメールマガジンがきました。
 「開催中の「長谷川等伯と狩野派」展は連日館内混雑でたいへんご迷惑をおかけしていますが、今後終盤にかけてはさらに混雑が予想されますので、お早めのご来館をお奨めいたします。」だそうです。
 
 足は、いい加減、黙って養生する堪忍が切れてきました。動きながら直しちゃる。(歩いてもいいと以前からお許しが出てます。ただし、歩き方に指導が入ってます)。

投稿: まりも | 2011年12月 1日 (木) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/53365513

この記事へのトラックバック一覧です: 草人木・その42(茶道具・15)/そして、美術館。たまたま、柴又。:

« 草人木・その41(茶業・6)/まず、図書館。なぜか、日本刀。 | トップページ | 草人木・その43(茶道具・16)/正座とソファと »