« 花押探索/電子くずし字字典データベース | トップページ | 草人木・その41(茶業・6)/まず、図書館。なぜか、日本刀。 »

2011年11月19日 (土)

ニッポン男児、雨の中来たる

 そういえば今度の茶道にタルトが出るらしいぞ!!
 ・・・・えっ!?洋菓子!?

と、事前情報がtwitterで流れてましたが、これ。

 
 四国銘菓「一六タルト」
 こんなに有名でおいしいのに、一箱、630円。
 すんばらしい。

 夏からちーともやってないし
 まあ、やるにしても冬休みかしらねえ、とぼんやり思ってたところに、
 「19日空いてますか」と話がきたので、
 もちろん「はいよ」と返事をしたわけですが、

 適当な、絵のついた秋の茶碗がない。
 (絵のない茶碗は、それこそ、ものすごい量があるんだけど)。

 高校生はなぜかみんな、「絵のついた茶碗」が好きなんだよねえ。

 苦肉の策として、
 いただいた「勅題」茶碗がいくつかあるので、それを持参。
 「勅題」とはなにか説明するため、というのは、もちろん後付けの理由です。

 水曜のお稽古後、先生にいただいた太神楽椿は、
 毎日水を替えて氷を入れておいたら、
 どうにか持ちました。
 (なぜか、氷を入れておくと長持ちする気がします)。



 予備に持ってきた、
 夏椿の照葉と、磯菊と、なんかの菊(竜脳菊かなあ)。



 例によって、
 「入れてね」と言ったら、
 こんな風になりました。



 今日はふたりだったため、
 みーーーっちり、帛紗さばきと茶巾のたたみ方を復習。
 その後、盆略点前。

 全部忘れてるかと思いきや、
 けっこう覚えてました。

 一六タルトを、ひとり二切れずつ食べて、
 四国銘菓出すならこれも出さなくちゃね、埼玉なんだから。


 熊谷銘菓・五家宝


 「勅題」の話はあんまし気を引かず(ちぇっ)、
 あっという間に2時間経過。
 公共施設が閉まっちゃうので、延長不可。

 「帛紗持ってって、練習する?」

 ・・・。

 「「はじめての茶道」持ってく?」

 ・・・・・・。

 ま、そんなもんです。

 大雨の中、ちゃんと来たんだから、えらい。

|

« 花押探索/電子くずし字字典データベース | トップページ | 草人木・その41(茶業・6)/まず、図書館。なぜか、日本刀。 »

コメント

ニッポン男児とお茶、楽しそうですねぇ(^ v ^)
若い脳は、驚きの記憶力ですね。
「一六タルト」、通販もあるんですね。  今度、買ってみます!

早速、そのお店のHPを見てみたら・・・
「坂の上の雲」ってお菓子もあるようで、以前、息子が、
「丘の上のポニョのパクリじゃん!」って、言ってたのを
思い出しちゃいました(^ ^;)

投稿: きもの大長 | 2011年11月20日 (日) 14時50分

 「丘の上のポニョ」の方が、「坂の上の雲」より、その年代の知名度が高いのかしら。なるほど~。
 若者は、やっぱり記憶力がいいです。
 そして、きちんと理由を述べないと、はっきり首を傾げます。
 主客でしっかりお辞儀するときは真、いちいちやってたらきりがないし、区別もつけたいので客同士は行、点前座では物理的に手をつけないので草、とか。

投稿: まりも | 2011年11月28日 (月) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/53285350

この記事へのトラックバック一覧です: ニッポン男児、雨の中来たる:

« 花押探索/電子くずし字字典データベース | トップページ | 草人木・その41(茶業・6)/まず、図書館。なぜか、日本刀。 »