« 雪/武蔵野線/「どうしてだれもが茶道の家元になれないのでしょうか」 | トップページ | 冬・天空の茶室/展覧会ふたつ »

2012年2月 8日 (水)

ウメサオタダオ展/またしてもガンダム

 「ウメサオタダオ」に行きたい行きたい行きたい行くんだ、と家人が騒いでいるので、ふーん、と、日本科学未来館へついていったら、

 「梅棹忠夫」展でした。
 「みんぱく(国立民族学博物館)」の初代館長。

 幼少期の昆虫や切手の蒐集に始まり、山登りからフィールドワークへ、動物学から民族学へ。さらに膨大な資料と発想を整理・分類・発展するための情報処理方法を考案し、様々な分野にわたって膨大な著作をのこす。

 「いっぱい本を書いて、独自の情報整理法を編み出した文化人類学者」だと思ってましたが、そんなことじゃもちろん収まらず、なにより会場のあちこちに書いてある言葉がかっこいい!!

 自分自身の経験の記録を、着実につくってゆこうというのは、資料の蓄積ということのもつ効果を信じてるからにほかならない。

 胸のすくような爽快感から、腹がたって仕方がない不快感までには、だいぶんの距離があるようにおもうのだが、ひとによって、こうも受けとり方がちがうのだろうか。これは、わたしにとってひとつのおどろきであった。

 目がみえないままでも、この仕事はやれるのではないかとおもった。それにはもちろん、たくさんの友人たちのたすけにたよらなければならないが、みんなにたのんでみよう。わたしは決心した。(失明後・70歳)

 ひとつのアドベンチャーがおわったら、つぎのアドベンチャーの計画にとりかかる。それは連続してなにかある究極の目的につながるものである必要はまったくないのだ。そのときそのときに、全身全霊をあげてあそぶだけのことである。(71歳)

 ということで、買いました。

 図録:1,800円
 
 「梅棹忠夫-知的先覚者の軌跡」
 (amazonでは取り扱いがなく、インターネットの書店にも「在庫なし」の表示だらけですが、みんぱくのミュージアムショップから買えるようです)。

 原稿用紙
 レジでおまけにつけてくれた、本人使用の原稿用紙。

 ついでに、こんなのも。

 スーパー元素周期表
 「スーパー元素周期表」(クリアファイル)

 300円
 
 元素を特徴にあわせて擬人化したもの。

 かわいくてつい手放せなくなっちゃったスタンプ。

 420円
 ゾンカ(ブータンの言葉)で「クズザンポーラ」。
 意味は「こんにちは」。
 (後で絶対忘れるので、こうやって書いておくと検索できて便利)。

 前に来たのは、確か「お化けで科学する」という企画。
 「予告なく驚かされる」ことが大嫌いな家人が、純粋に「おもしろそう」と行ったのに、なーんと、展示室の一画が「お化け屋敷」仕様で、出てから種明かしをするという企画で・・・。気の毒なことになってました。わたしも「サプライズ」が大嫌いですが、「がんばってるなあ、お化け役」と思い、まあ、どうにか。

 そのとき、お昼は今度ここで食べてみようねえ、と話していたのを思い出し、7階のレストランへ。

 で、なにげなーく外をみたら。

 Diver City tokyo
 

 おや?

 意外と小さいガンダム

 ガンダムだ!

 ってことで、

 ガンダムめざして移動。

 工事中
 

 公園は整備中で足元までは行けませんが、
 がっちり近くまで寄りました。

 柵の向こうのガンダム
 

 前にお台場で3回も観てるのに(!)、ついつい。

|

« 雪/武蔵野線/「どうしてだれもが茶道の家元になれないのでしょうか」 | トップページ | 冬・天空の茶室/展覧会ふたつ »

コメント

わぁ楽しそう~わたしも行きたい行きたい行きたい。
でも月曜に熱出たばかりだし、なんだか予定がいっぱいです…

投稿: うさこ | 2012年2月 9日 (木) 18時35分

 熱はもうだいじょうぶですか?
 20日までやってます~。とはいえ、1ヶ月くらい前からたくらんでおかないと、なかなか行けないですよね・・・。

投稿: まりも | 2012年2月10日 (金) 16時15分

ガンダムは、しばらくいるんじゃない?

投稿: 家人1号 | 2012年2月11日 (土) 22時29分

 たぶん、当分あると思う・・・。よくわかんないけど。

投稿: まりも | 2012年2月12日 (日) 07時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/53935148

この記事へのトラックバック一覧です: ウメサオタダオ展/またしてもガンダム:

« 雪/武蔵野線/「どうしてだれもが茶道の家元になれないのでしょうか」 | トップページ | 冬・天空の茶室/展覧会ふたつ »