« 思文閣大交換会、のWEBカタログ | トップページ | ひな祭りのちっちゃな茶事 »

2012年2月29日 (水)

閏日/抹茶の効用と副作用

 雪なのに 武蔵野線が 動いてる(五七五)

 雪は降るしスカイツリーは完成するし東京事変は解散するし、
 なんかわさわさした閏日ですが、

 とにかく、
 ねーむーい。

 「春眠暁を覚えず」だと思ってたら、
 花粉症の薬を補充に行って、「眠気、だいじょうぶですか?」と訊かれました。

 バイナス75

 これのおかげで、かつては眠れないほどひどかった鼻づまりが嘘のように止まったけど、薬なんだから眠気とかいろいろあるんだった、そういえば。

 今年は、量が少ないようで(そうはいってもとんでる。1月はじめからとんでる。もっといえば、10月に突然、3日ほどとんだときがあった)、ちょっと強めに効いて眠いのかも。いずれにせよ、効いてるならよし。

 で、起きていたければ、抹茶の出番。

 残ったお茶が入ってる「近藤さんの茶ふるい缶」を週末までに空けなくてはならず、
 土の臭いがとれない楽茶碗もこれまたなんとかせねばならず、
 どっちにしろ、
 数日は飲み続けないといけない状況。

 人体実験の結果(被験者は自分です)、
 抹茶を飲むと、確実に目が冴える。
 多めに飲んだ日はいつまでもあまりにも元気で、ちょっとおっかないくらい。
 (そして眠くないから、と調子に乗っていろいろ作業すると、必ず翌日以降にしわ寄せが来る)

 「お茶がどれだけ身体にいいか」という話は、さっとみただけでもこれだけ出てきて、

 お茶の効用 (丸久小山園)
 

 成分の特徴(一保堂)
 

 お茶の成分と健康性(伊藤園)
 

 この前読んだ本にも、こんな礼賛が。

 そこで私はお茶がどの程度身体にいいものか、しらべてみることにした。
 抹茶をのむと、その夜はまるで眠たくない。それは私自身の体験でもいうことができる。
 昔は禅僧が眠気を防ぐために茶を飲んでいたというが、どんな作用があって眠くないのだろうか。
 それは、茶の中にあるカフェインというアルカノイドが、中枢神経、ことに大脳皮質の中枢に作用するからである。
 大脳皮質は、物を考えたり、考えをまとめたりする、中枢の集まっているところだから、カフェインの作用でその中枢が興奮すると、眠気がなくなり、疲労感もうすらいでくる。
 また延髄には生命を維持していくのに必要な呼吸中枢と血液循環系を支配している中枢があるが、カフェインはここにも影響をあたえている。
 カフェインによって呼吸中枢が興奮し、血管運動中枢が興奮すると、血管は収縮する。そして心臓の血液排出量が多くなるように働くのである。(後略。まだまだ続く)。(p206)

●出典 「明日への茶道入門 (1977年)」千宗室編/淡交社/S52 4/28 発行/執筆担当・塩月弥栄子 三田富子

 ここまで来ると、いいのかそれでほんとーにだいじょうぶなのか、いい話には必ずウラがあるぞという気もしてくるし、
 ちょっと調子が悪いときに抹茶を飲むと、すぐ胃が痛くなったり気持ち悪くなったりする、ってのはどんなもんかと、思っていたらちゃんと続きがありました。

 こんなにいいお茶なのに、のみすぎると胃が悪くなる時がある。それはなぜだろうか。
 それはお茶に入っているタンニンの作用によるもので、タンニンは胃の消化機能を弱くさせる。タンニンが変化すると腸や胃に悪い影響をあたえて、しまりがなくなるので、胃腸の弱い人、悪い人は、濃いお茶をのむのはよくない。(p206)

 ま、確かに。
 「茶は末代養生の仙薬である」(『喫茶養生記』)っていうくらいだもんねえ。
 なにもないほうが、こわい。
 (それにしても「しまりがなくなる」という表現はすごい)

 なおこの後、お茶が二日酔いに効くという話が続きますが、これまた人体実験の結果、ただでさえ胃壁が荒れてる二日酔いの朝に、抹茶なんてごめんこうむります、わたしは。

|

« 思文閣大交換会、のWEBカタログ | トップページ | ひな祭りのちっちゃな茶事 »

コメント

お茶の効能、すごいですね~。茶道はほんと趣味と実益を兼ねてると思います。

でも、のみすぎはよくないようです。 私も調子が悪いときに何服もいただくと、胃が重くなってしまいます。これって、「しまりがなくなる」んですかねー。(お酒のみすぎると 「しまりがなくなる」けど(^_^;)ゞ)。

お稽古でお客様をやるとき、お点前が茶通箱だとヘビーなときって、ありますよね(;´д`)

投稿: two-tea | 2012年3月 1日 (木) 07時35分

 かつては、一日、濃茶四服でもどうにかなってました。
 今は、もうムリ。仕方ないです。

 カテキンは胃が重くなるだけじゃなく、血圧を下げる効果もあるようで。
 どおりで、動悸やめまいがすると思った。

投稿: まりも | 2012年3月 1日 (木) 19時32分

風邪が治ったと思ったら、、、花粉来たー。目がしばしばするから窓を開けたくないけど炭を焚くには換気が必須。
うむーーーー。お茶を飲みすぎても眠れるタイプだけど胃も口の中も重だるい感じになる。しまりがなくなるってのとは違う感じだけど。

投稿: こんゆう | 2012年3月 3日 (土) 19時21分

 花粉びゅーびゅー飛んでます。目に来てます。
 薬が効いているので、以前に比べ、鼻はずいぶん楽になりました。
 今日は朝から茶碗ならしに二服、濃茶味見、薄茶三服の結果・・・まったく眠くなりません。へとへとなのに。

投稿: まりも | 2012年3月 4日 (日) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/54106353

この記事へのトラックバック一覧です: 閏日/抹茶の効用と副作用:

« 思文閣大交換会、のWEBカタログ | トップページ | ひな祭りのちっちゃな茶事 »