« 茶入が。 | トップページ | 茶道会館にて »

2012年3月28日 (水)

畳の焦げとり

 春ななあ。

 ・・・と、昔、従姉が言っていて、「春だなあ」じゃなく「春ななあ」のところが、のんびりした風情で、いかにも春。

 春日部の梅

 ようやく梅が満開になり、
 そうすると、
 春の光ってもんは、埃っぽさを目立たせます。
 半衿も(そこそこ)こまめに替えなきゃいけないし。
 1日外を歩き回ると発熱しちゃうような花粉症まっさかりの身には、あまり嬉しくない。

 さらに、これ。

 煙草の焦げ跡じゃ、ないやい

 炉から炭を火消壺に移しているときに、やっちまった。

 世の中に訊いてみる(=インターネットで検索してみる)と、
 「オキシドールで叩くといい」
 「千枚通しで1本1本抜いてから隙間を寄せるといい」
 「使い古した歯ブラシでこするといい」
などなど、いろんな手段が出てきますが、まあ、まず、これでしょ。

 とれるとれる

 毎度おなじみ、スクリーントーンナイフ。(NT CUTTER D-400

 気持ちいい~

 あら。

 あらあら。

 とれるじゃない!!

 仕上げにゴムかけ

 表面が荒れているので、消しゴムがけ。

 鼻高々

 いいんじゃなーい。

 悦に入っていたら、のぞきにきた母が
 「畳がへこんだところには、濡れタオル敷いて、アイロンかけるといいって言わない?」

 「やるやる」と即答。

 やってみたら、

 ・・・へし折られた

 なんか焦げたよ!?

 ・・・すん。

 まあ、でもとにかく乾けば違うかもしれないし。

 焦げかと思ったらなんとなく消えた
 25分経過。

 「オキシドール、やってみる?」
 「こわいから、やめとく」

 乾いたらしい
 
 3時間半経過。(写真だとあんまりわからないのがいいんだか悪いんだか)。 

 ま、こんなもんでしょ。

 念のため、もう一度消しゴムかけ。

 復活

 やれやれ。

 そうこうしているうちに、炉の時季もまもなく。

 「カーネーション」が今週で終わりとか、「シャキーン!」のあやめちゃんが来年はいないらしいとか、そもそもモンゴメリの「銀の森のパット」と同じで変化ってもんが嫌いだから春も好きじゃないしとかぶつぶつ言って、ぼーっとしてる場合でも、ないみたい。

|

« 茶入が。 | トップページ | 茶道会館にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/54333219

この記事へのトラックバック一覧です: 畳の焦げとり:

« 茶入が。 | トップページ | 茶道会館にて »