« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月28日 (土)

智美術館 茶の湯の現代-用と形-

 遊べる時は遊び過ぎと思うくらい遊んどいたほうがいいよね。
 色々あるから均等には遊べないものなんだよね~。

というメールを友だちからもらい、ありがと! ってことで、

 「大型連休」初日。
 引き続き、しっかりたっぷり遊びます。

 まずは、春日部から、「東京スカイツリーライン」。
 東武伊勢崎線なのに。

 北千住を出てすぐ、
 日本語と英語と中国語とハングルで
 「窓からスカイツリーが見えます」
 「634mです」
と、車内放送で散々宣伝して、

 スカイツリーの脚

 「東京スカイツリー駅」。
 つまり「旧」業平橋駅。
 「おしなりくん」の「なり」の立場は。

 遠ざかるスカイツリー

 「東京スカイツリー駅」を過ぎ、
 さっきまでのにぎにぎしさはどこへやら、
 「まもなく浅草」は、電光掲示版で日本語の表示しか出なかった。
 そんな立場なの、浅草!?

 いつもの水上バス

 それはどーか、と思わず撮影、浅草界隈の水上バス。

 お昼は辻留

 お昼を食べてから、

 智美術館入口

 今季「なんとかして行きたい」最後の目的地にして、最も行きたい目的地、「智美術館 茶の湯の現代-用と形-」。

 タクシーも迷っちゃうような、マイナーなところ(らしい)、ホテルオークラ別館のそば。

 美術館? レストラン?

 何度行っても思う、入口ここでよかったっけ。

 美術館・出入口

 とにかく、どこもかしこも、瀟洒。

 たまたま、14時に着き、
 たまたま、「学芸員によるギャラリートーク」が始まったばかりだったので、そのまま参加。

 学芸員には、なんでこうも、美人が多いかなあ、と、漠然と聞き始めましたが、

 「公募展、ということで、とかく、「自分は自分は」と表現が過多になるところ、そういったところがないということで、この作品は評価されました」。
 「この作品は、つまみの部分に工夫がこらされているという、審査員の評があります。もう少し、下の部分が細くてもよかったのではないかという意見もありました」。
 「側面の静かな様子と、上部の動きが対照的な作品です。上部の動きが果たして必要なのか、という意見もありましたが、作家によると、この上部の動きを表現したかった、ということです」。
 「模様を見せるという点ではいいが、でも、この形はどうなのか、茶道具として使えるか、という意見がありました。使おうと思えば、なんにでも使える、という意見もありましたが、それならなんでもよくなってしまう、茶道具として、守らなければならないことがある、という話もありました」。
 「こちらの作品については、「形はどうなのか」という議論にはなりませんでした。そのあたりの線引きについては、わたくしもなんとも申し上げられませんが、力のある作品は、使えるかどうかを考える余地がない、ということではないか、とも思います」。

 聞き漏らしや聞き間違いがあるかもしれませんが、とにかく、「これは、実際に使えるのか」「取り合わせてみたらどうなるのか」という視点を軸に語られる話がおもしろくておもしろくて。

 終了後、思わず訊いてしまいました。

 「次のギャラリートークも担当なさるんですか?」
 「いつでしたっけ?・・・ はい、その予定です」

 5月5日(土)14:00~。(今日は1時間程度で終了)。
 (その他、5月19日(土)、6月2日(土)、16日(土)、いずれも14:00~)。
 隙あらば、もう1回、行きたいくらいです。

 美術館・看板

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

夜・天空の茶室

 こんねえさまからメール。
 「さて、例のお披露目、23日あたりはどう?」
  (↑ リンク先は「こんゆうぶろぐ」)

  このときに購入された、お茶碗のお披露目

 生あたたかい日

 19:00。
 煙る高層ビル群。

 明度など加工してみましたが、なんかなあ。

 仕事からお戻りになって支度なさって、
 それで、
 するっと「おしのぎ」が出てきちゃう。

 右奥、門松のようになっているのは、
 ごぼうの周りがこんにゃくで、
 「これ、どうやって作ったんだろう?」と首を傾げてたら、
 「秩父で見つけたの」。

 秩父は蒟蒻の名産地だったのかあ。
 埼玉県民は知りませんでした。不覚。

 手前、うすーい大根にはさまれているのは、「今季最後のからすみ(お手製)」。

 時間が遅くなるのを配慮してくださって、
 ちんたらいただいているところを(おいしいから、つい)、
 「ゆっくり食べててね」とお点前開始。

 主菓子

 何度拝見しても
 ほんとにかっこいいお点前。
 ひとつひとつが丁寧で、でもねばっこくなくて、
 軸のぶれない、さらさらと流れるような所作。
 始めた頃からずーっと言われ続けてますが、お茶は鍛錬と経験年数っすね、やっぱり。

 新しいお茶碗は、それでもたっぷり水を含み、
 つややかなお茶をたたえて、ほのかに光ってました。

 25,000歩、歩いた疲れ(←いつの間にか歩数を「盛ってる」)はどこへやら。

 濃茶の後は、
 テーブルに場所を移して、どんどん並ぶ料理におしゃべり三昧。
 あ! もうこんな時間。

 力いっぱい遊んだ1日の最後は、
 ゆったりした空間で「ごちそうさまでした!!」

 香合もお手製ですって!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

セザンヌ―パリとプロヴァンス/毛利家の至宝 大名文化の精粋

 夕方からお招きを受けているので、
 昼間はあちこち回らねば。
 都内まで出る交通費、ばかになりません。
 ひとつ行くならみっつ行ける。たぶん。

 まずは、ここ。

 「セザンヌ―パリとプロヴァンス」(国立新美術館

 月曜日。
 雨。
 連休前。

 空いてると思ったのに。

 12時過ぎ。
 そこそこ混んでます。
 (写真も撮ったのですが、いろいろやってるうちに、どういうわけか、写真がとんじゃった・・・)。

 それでも「ただいま入場制限はありません」という表示があったから、
 いつもよりは、空いてる、のかも。

 「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」の「お父さんの肖像画(『レヴェヌマン』紙を読む画家の父)」、そして「ぶらぶら美術・博物館」の山田五郎氏言うところの「ごりっとした存在感」にやられちゃったもんで、是非にも観たい。

 初期の厚塗りの絵をみてたら、子どもの頃、絵の上で固まってた油絵具をはがしたくてたまらなかった衝動が、むずむずと。(京壁に爪で絵を描くとか、さまざまな乱暴狼藉をはたらいてきましたが、さすがにそれはやらなかった、と思う)。

 そしてどう考えても、その形態はへんだけど、全体からみたらそれもありかなとか、とにかく、いいんだからこれ! という感じがおもしろくておもしろくて。
 (会場にいた方が「うまいんだかへたなんだかわかんない」と言い合ってたり)。
 なんだかんだ、会場3周、ゆっくり眺めました。

 出たら、まずい、もうすぐ14時。

 ただいま5周年・ミッドタウンへ移動。
 あんまり迷ってる時間もなく、「ここなら間違いないだろう」と「平田牧場」へ。

 いつも生協(生活クラブ)で注文して食べてる、平田牧場の豚肉。
 切り落としを適当に炒めてもじゅうぶんおいしい、んだけど、こうやってちゃんとメンチカツにすると、そりゃもうたいへんにおいしい。反省。切り落としだけじゃなく、次はひき肉も買います。

 「サントリー美術館」の入口まで来たら、ちょうど団体客が受付をしているところだったので、先に3階のお店をうろうろ。
 この香合いいなあと持ち上げるとよんまんななせんえんだったりするので、油断なりませんが、ときどき、こっちまで降りてきてる値段のもあるもんで。

 ここまでで、たぶん推定歩数は15,000歩くらい。
 さすがに、花緒が痛い。

 くじけちゃおうかなあと思いつつ、でもせっかくだからと入った「毛利家の至宝 大名文化の精粋」。

 ・・・おもしろいじゃないの。

 まー毛利のみなさんのまめなこと。なんでもかんでも記録。きっちりした筆蹟で。文頭も揃ってたりして。

 右条々をもし偽れば
 梵天・帝釈・四大天王、すべての日本国中六十余州の大小の神々、とりわけ伊豆・箱根両権現・三島大明神・八幡大菩薩・天満大自在天神の罰を受けるであろう
 よって起請文をしたためることは以上のとおりである 

 「こんなに盛大に誓わなくても」と思わず書き留めてしまった「重文:徳川家康誓紙」の釈文ですが、
 まめに記録する相手だと、ついつい、ちゃんと書いときたくなるのかも。

 おしまいの方で展示されている茶碗や茶入に興味のある人はあまりいないらしく、「井戸茶碗」の特徴や、「兎豪盞(禾目天目)」「尼崎台」の様子をみっちりながめることができました。

 ここでも予定時間を超えて、目的地周辺駅到着、18時。くたびれた。

 流血・・・?

 見下ろしてぎょっとしたけど、血じゃなくて、草履の前つぼの色落ちでした。

 もう一箇所、お店をのぞこうと思ってたけど、時間の都合で断念。
 これから「天空の茶室」に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

和菓子とお香の集い

 なんかもう、この題名だけで、うっとり。

 いつもいつでもお世話になっている、和菓子のバジルさんから、
 「主菓子づくり」を教えてもらうことになりました。

◆課題◆
 鯉のぼりの練切(ピンク1個、ブルー1個)
 花菖蒲の練切(2個)
 山藤のきんとん(2個)

 鯉のぼりはちょっと真剣にやる感じですが
 慣れていらっしゃるから、上手く仕上がると思います。
というコメント付き。

 慣れてませーん(心の叫び)。

 最初に、生地づくり。

 白餡と大和芋を合わせて、
 布巾に包み、「ちぎって揉む」ところ。

 白餡と約1割の大和芋

 あっかくてふかふかして、気持ちいーい。

 最難関、「鯉のぼり」。

 三角棒はお手製だそうです

 道具はもちろん、型紙まで用意してくださって、それなのに。

 「あーっ。鯉のぼりの目がつかない、目が」
 「水をちょっとつけるといいよ」

 「・・・水つけすぎて、目が溶けました!!」

 目玉が一番難しかった

 次に、「花菖蒲」。
 「茶巾の先が、きりっと上に伸びません~」
 「親指と人差し指で、ちょっとひっぱるようにするといいよ」

 そして、「山藤」。
 「きんとん漉しに押しつけたら、手にくっついて網の上に抜けました!!」
 「??? そんなのはじめて!」
 生地が手にくっついていたため、下に落ちず、垂直に網の上に飛び出してしまった、みたい。(その様子はまるで、ムーミンのニョロニョロ)。

 「もー、お願いだから、笑わせないで!」と周りに笑われながら、
 それでもやっぱり御指導がすばらしいので、

 それなりにできます。

 左下は、残った生地で、ぱぱっとバジルさんがこしらえたきんとん

 (美しい作品は、バジル先生のページでご覧くださいませ)

 材料(一部)

 材料も道具も、持ち帰り用の容器まですべて用意してくださったので、
 ひたすら楽しみながらできましたが、
 ・・・こんなにたいへんなことだったのね・・・。

 和菓子作りはあっという間(でも2時間)で終了。
 お昼の後、
 今度は、お茶の先生(お香もなさってる)が「源氏香」をきかせてくださいます。
 聞香に集中し、ほーっと優雅な心持ちになって、
 作りたての「鯉のぼり」で一服。

 全員の鯉のぼり。晴れやか。

 はためいてます。
 どれが自分のかは、敢えて言いません。

 心身ともに、ふわー、おいしい~、ありがたい~。

 にまにましていたら、
 ご出席の先輩から、
 「どうも、お茶ばっかりしてるみたいだけど・・・家のことやってる? だいじょうぶ?」

 しまった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

ボストン美術館 日本美術の至宝/東日本伝統工芸展

前回の記事
 いかんいかん、4月の目標。
 ・・・どーにかしてなんとかして、せめて、どれかには行く。

 即、行っちゃう。

 朝9時25分、国立博物館前。
 ・・・並んでるよ。

 「平日午前中、11時くらいが混雑してます」という情報(会場からNow/たぶん毎日変わる)を仕入れ、それならば早く、と行きましたが、いるわいるわ。
 オンラインチケット購入、やっときゃよかった。

 それでも、随分前の「阿修羅展」( 阿修羅の周りで御輿担いでる状態)を思えばどーってことなく、
 9時半の開場後、5分ほどで入れました。

 「混んでる展覧会は入口付近の展示を後回しにする」を鉄則としているので、「吉備大臣入唐絵巻」へ直進。(NHK-BSの「額縁をくぐって物語の中へ」で観たなあ)。

 がらがら。
 ゆっくり、それこそおもしろい漫画を読むように、じっくりながめて、
 あとは逃げるように次の展示へ。

 行ったり来たりしながら見終わったのが、10時45分。
 その頃は、合間を見てのぞきこまないとだめ、な状況に。

 会期が終わる頃はもっとすんごいことになってるんだろーなー。

 これもホームページの情報:「本館2階の国宝室に「平治物語絵巻 六波羅行幸巻」が展示されています(5月27日まで)。」

 行かないと。

 ゆっくり花見ができそうな空間
 
 移動中、平成館の窓からみた桜。

 ボストンから来た国宝級はすんごい列なのに、日本にある国宝は、人もまばら。
 かつての平常展(今は「総合文化展」)には、あちこちで、外国人が熱心に見入ってました。

 引き上げは13時。

 「博物館・美術館併設のレストランにははずれがない」というこれまた鉄則に基づき、横のレストランで食べようと思いましたが、ひとりで食べるには、ちょっと迷う値段だったので、じゃーいいや上野ecuteで。

 JRの改札を通って気付く。
 次の目的地(日本橋三越)に行くのは、銀座線じゃないと!!

 orz、という、人がへたばってるように見えるものは、こういうときに使うのね。使わないけど。

 ついでに、上野ecuteにも人が並んでいて、失敗。(素直にatreで食べりゃよかった)。

 無駄に入場券分を支払って、銀座線に乗り、「第五十二回 東日本伝統工芸展」へ。

 「東」日本工芸展なので、展示数もそれほど多くなく、知り合いと、名前を知っている人の作品を重点的にみて、30分ほどで終了。

 ってことで。
 最低限の目標達成(なんて小さい目標)。

 と思っていたら、
 先ほど、ポーラ美術館のtwitterから情報が入りました。

 「明日21日(土)から、根津美術館さんでKORIN展が始まります!これは昨年震災の影響で延期になった展覧会です。100年ぶり!に、尾形光琳の根津美術館さんの「燕子花図」とメトロポリタン美術館さんの「八橋図」が同時に展覧できる展覧会!」

 ・・・増えるのは、ありがたい。
 行けるかどうかは、別だけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

4月の目標(今さら)/十七日寄席/展覧会いろいろ

 あっという間に4月も半ばを過ぎ、
 何もしていないような気がしてましたが、

 姉の記事(はなにまつわる言葉/NHK出版)に、「花衣」の写真を提供したり

 元荒川沿いに咲く500本の桜並木
  (4/7 鴻巣市さくらまつり・吹上会場)

 花見の写真を提供したり。

 こわいくらい、雪 これで4月10日

 急用で、まだまだ雪がいっぱいの山形に行ったり。

 DVDも持ってるぞ、スウィングガールズ

 (スウィングガールズの電車(山形鉄道フラワー長井線)が、まだ走ってる!)

 羽田空港に行ったり、

 海ほたる
 ついでに海ほたるに寄って、

 「だんだん断固として新しいところには行ってみたい」家人の要望で木更津のアウトレットに行ったり。
 (とどのつまり、アウトレットはどこも似たり寄ったりで、わざわざ行かなくても、ねぇという結論、でも、「行ってみないとそう言えない」という言葉にも一理ある)。

 木更津

 そして東京大神宮、十七日寄席
 (友だちのだんなさまが、「桂才紫」という落語家さんなのです)。

 生の落語ってのは、さすがにいいもんで、
 耳で聞くとときどき抜けちゃうし、
 画面で観てもなぜか後に残らないのが、
 すぐ目の前で「その落語の世界」を堪能した後は、いろんな光景が残っていて
 しばらく、五円や五十円をみて「ひなつば(=おひなさまの刀の鍔)」だー、と笑っちゃいそう。

 江戸川沿い

 そんなこんなでいつの間にか、周りは、
 「いちめんのなのはな」。

 いかんいかん、4月の目標。

 ・・・どーにかしてなんとかして、せめて、どれかには行く。

・「第五十二回 東日本伝統工芸展」(日本橋三越

・「セザンヌ―パリとプロヴァンス」(国立新美術館

・「茶の湯の現代 ―用と形―」(智美術館

・「ボストン美術館 日本美術の至宝」(国立博物館

・「毛利家の至宝 大名文化の精粋」(サントリー美術館

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

茶道会館にて

 「お天気が良ければ6割方大成功」と、後に席主がおっしゃるわけですが、「とっても久しぶりにお茶会に行く友だち」を案内して「初めての場所に行く」のは、なかなか緊張するものです。
 道を間違えたらたいへんたいへん。

 「行けばわかる」「簡単よ」と言われて、地図をみても、よくわからん。
 (そんな簡単な場所へ行くのに、180度や270度間違うというのが往々にしてあるもんで)。

 行き先は、茶道会館

 JR高田馬場駅で待ち合わせて、

 なんて久しぶり、早稲田口

 バスに乗らないなら、早稲田口の方がよさそう。

 高田馬場3丁目をめざす

 早稲田口を出てすぐ左に曲がって道路を渡って

 
 通りすぎてやしないかと、iPad2を片手に「みずほ銀行を過ぎた」「郵便局が見える」「マルエツプチがあるからあとちょっと」。

 高田馬場4丁目バス停そば

 「戸塚公園入口」を右に曲がったら、

 看板

 これでもか

 看板

 これでもか

 また看板
 

 というくらい、電柱に細かく看板がありました。

 大門

 到着。
 今なら言えるぞ、「簡単かんたん」。

 ・・・そこまでは良かったんだけど。

 茶席へ

 どうやら、本日はお茶会がふたつあるらしく、
 荷物を預けたら、さて、どこへ行けばいいのか、さっぱりわかんない!!

今ならわかる案内図

 ようやく案内図を見つけましたが、

 途方に暮れることに変わりなく。

 「ごめん、わかんない」と宣言し、
 あちこちで訊きまくり(そして主に友だちが走り回ってくれました。申し訳ない)
 なんとか茶席にたどり着きました。

 明々軒への道

 手洗いの横を通り抜けた先に、茶席があるとは。
 慣れてる人ならどおってことないのかもしれませんが、初心者には難易度高し。
 

 いずこも春爛漫、の席を堪能できて、
 点心席ではおいしいお弁当に碗物がついた上、一献いただいちゃって、
 友だちといくと、待合も全然退屈しないし、
 大寄せの茶会もいいなあ。

 次回、機会があったら、迷わずにすいすいと・・・ムリか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »