« セザンヌ―パリとプロヴァンス/毛利家の至宝 大名文化の精粋 | トップページ | 智美術館 茶の湯の現代-用と形- »

2012年4月26日 (木)

夜・天空の茶室

 こんねえさまからメール。
 「さて、例のお披露目、23日あたりはどう?」
  (↑ リンク先は「こんゆうぶろぐ」)

  このときに購入された、お茶碗のお披露目

 生あたたかい日

 19:00。
 煙る高層ビル群。

 明度など加工してみましたが、なんかなあ。

 仕事からお戻りになって支度なさって、
 それで、
 するっと「おしのぎ」が出てきちゃう。

 右奥、門松のようになっているのは、
 ごぼうの周りがこんにゃくで、
 「これ、どうやって作ったんだろう?」と首を傾げてたら、
 「秩父で見つけたの」。

 秩父は蒟蒻の名産地だったのかあ。
 埼玉県民は知りませんでした。不覚。

 手前、うすーい大根にはさまれているのは、「今季最後のからすみ(お手製)」。

 時間が遅くなるのを配慮してくださって、
 ちんたらいただいているところを(おいしいから、つい)、
 「ゆっくり食べててね」とお点前開始。

 主菓子

 何度拝見しても
 ほんとにかっこいいお点前。
 ひとつひとつが丁寧で、でもねばっこくなくて、
 軸のぶれない、さらさらと流れるような所作。
 始めた頃からずーっと言われ続けてますが、お茶は鍛錬と経験年数っすね、やっぱり。

 新しいお茶碗は、それでもたっぷり水を含み、
 つややかなお茶をたたえて、ほのかに光ってました。

 25,000歩、歩いた疲れ(←いつの間にか歩数を「盛ってる」)はどこへやら。

 濃茶の後は、
 テーブルに場所を移して、どんどん並ぶ料理におしゃべり三昧。
 あ! もうこんな時間。

 力いっぱい遊んだ1日の最後は、
 ゆったりした空間で「ごちそうさまでした!!」

 香合もお手製ですって!

|

« セザンヌ―パリとプロヴァンス/毛利家の至宝 大名文化の精粋 | トップページ | 智美術館 茶の湯の現代-用と形- »

コメント

かっこいい~!
仕事帰りに、さらっと お茶事?
夜咄なんですか?  蝋燭の灯りでの撮影?
素敵です(^ v ^)

花びらみたいなのは、お菓子ですか?
かっこいい方ですねぇ。    惚れちゃいそうです(^ ^;)
弟子入りしたいわぁ!
通な お仲間達で、いいですねぇ。  入れていただきたいです!

投稿: きもの大長 | 2012年4月26日 (木) 16時12分

 かっこいいですよね~。

 灯りは、床上部と、部屋の端にランプ。電気なのに、ろうそくのような風情でした。
 花びらみたいのは、主菓子です。

投稿: まりも | 2012年4月26日 (木) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/54560617

この記事へのトラックバック一覧です: 夜・天空の茶室:

« セザンヌ―パリとプロヴァンス/毛利家の至宝 大名文化の精粋 | トップページ | 智美術館 茶の湯の現代-用と形- »