« そして東京スカイツリー | トップページ | 畠山記念館/東京ソラマチ »

2012年7月14日 (土)

根津美術館「中世人の花会と茶会」~ちょっこしヒカリエ

 連休の初日は、何をするか考える
 二日目は、何をするか再検討する
 三日目は、何もしなかったとうなだれる

 というようなことを言ったのは、NHK_PR(twitter)だと思うんだけど、見つからない。

 で、「何もすることがなければ何をするか」考えてみたところ

 ふしぎ発見! 茶道具と銘をめぐる物語 (畠山記念館)

に、ちょっと行きたい。でもまだやってない(7月28日~9月17日)。

 「なぜ、この銘が付いたの?」という物語から、「どんな人が持っていたの?」「そもそも、茶道具ってどうやってしまってあるの?」という素朴な疑問まで、茶道具を銘にまつわるふしぎに迫ります。(ちらしの説明より)

 ちっちゃい茶道具が、どんどん、どんどん、包まれて入れられてすごい大きさになっていく過程の展示が、あるんだろうなあ。これは行きたい。

 国宝 古今和歌集序と日本の書(大倉集古館

も、ちょっと見たい。でもこれもまだやってない(8月4日~9月30日)。

 根津美術館の入口

 上記の情報の入手先は、「根津美術館」。

 「中世人の花会と茶会」(6月2日~7月16日)
  (出品リスト(PDF)

 ふと気付けば、会期末。あぶないあぶない。

 平日の午後(科学未来館×スカイツリーの前日、つまり火曜日)のせいか、人は少なく、いつもどおり「混んでるところは後回し」で身軽にふらふら。

 松屋肩衝の実物ってやっぱり大きいねえ、とか
 白玉文琳はきゃしゃな感じがするねえ、とか
 画像だけだとやはり大きさはわからないもんで。

 他のものとは別に部屋の中央で展示された無一物(赤楽茶碗)も、かさかさした肌の様子がじっくり見られて満足。こればっかりは、頴川美術館(兵庫)所蔵のため、おいそれとは見られない。

 それにしても、自分もそうするからよくわかる、
 すぐ目の高さで見られるよう、しゃがんで見学する人があちこちに。

 根津青山像

 いつもは駆け足の常設展も、ゆっくり観て、
 でも、まだ14時。
 その日の宴会は、渋谷で18時。

 青山の「松栄堂 青山香房」で、香炉を買おうと思ってましたが、
 気に入ったのが、あまりに高値で断念。

 渋谷ヒカリエでも行ってみるか。
 その前に少し休みたい。

 と思ってたら、献血ルーム発見。

 何年ぶりかわかんなけど、しばらく何の薬も飲んでない。できるかも。
 でも昨日、今日とDHCの「亜鉛」を飲んでるので、一応報告。

 「亜鉛ですか? 味覚障害でも?」
 「いえ、口内炎があって」
 「口内炎も一応、炎症だからねぇ。すみません、今日はできないですねぇ」。

 問診で却下。

 血圧が低すぎてだめ、とか、体重が足りなくてだめ、とか過去いろんな理由でだめでしたが、しょっちゅうできる口内炎もだめなのね。知らなかった。

 仕方ない、渋谷ヒカリエ。

 ヒカリエにもこんなところが

 客の年齢層が意外と高くみえる、のに、店員のみなさんがギャルの香り漂っているところもあり、よくわかんないけど、さすが渋谷。

 エクセル東急

 23時近くまで飲み続け、しゃべり続けて宿泊。
 ・・・そして、翌日にループします。
 

|

« そして東京スカイツリー | トップページ | 畠山記念館/東京ソラマチ »

コメント

根津美術館、明日までだ!気がつかせてくれて、ありがとう!
いってきまーすrun

投稿: バジル | 2012年7月15日 (日) 20時59分

 花入も茶碗も見応えありましたよねー。
 最終日に間に合ってよかったです!

投稿: まりも | 2012年7月16日 (月) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/55192619

この記事へのトラックバック一覧です: 根津美術館「中世人の花会と茶会」~ちょっこしヒカリエ:

« そして東京スカイツリー | トップページ | 畠山記念館/東京ソラマチ »