« 根津美術館「中世人の花会と茶会」~ちょっこしヒカリエ | トップページ | 三郷花火大会・2012 »

2012年8月 3日 (金)

畠山記念館/東京ソラマチ

 凶暴な太陽は、テラス越しじゃないと
 「風死す」、な毎日。

 この前見学した席上揮毫で「滅却心頭火自涼」とありましたが、
 暑いもんは、暑い。誰がなんと言おうと暑い。

 しかしまあ、借りてきた片付けの本を眺めながらうとうと、してるだけなのもどうかということで。

 住宅街にひっそり登場
 ものすごーく久しぶりの「畠山記念館」。

 門をくぐってから記念館まで
 
 緑が濃いと、確かに涼しい気はしないでもない。

 けど、あっという間に蚊に刺されました。

 入ると「ご自由に」とタオルが積んであります
 旅館みたいな入口。

 16時過ぎに入ったため、客は母とわたしだけ、と思ったら、小学5年生(推定)の男の子がいる。
 すごーく熱心に、ながめてはメモをとってる。

 「えらいねえ」と母が声を掛けたら、
 ちょっとはにかんで「学校の宿題です」。

 「お茶やったらおもしろいよー」と横から付け加えたら
 ちょっと笑ってうなづいてました。あしらいが大人だ。

 今回の展示は「ふしぎ発見! 茶道具と銘をめぐる物語」。

 手のひらに収まりそうな小さい茶碗が、くるまれて入れられて包まれた結果、仕覆や風呂敷や箱やらで、両手を広げても収まらない幅の陳列を伴う様子はいつみても壮観なんだけど。

 「No.24 ととや茶碗 銘 隼 次第」が、英語になると
 「Accessory of No.24」で片付けられちゃうことに大笑い。
 まあ、すごーく長い修飾辞のついた花入が「Vase」でおしまい、なのを見たこともあるし。英語表記の方が簡潔でわかりやすかったりするときもあるし。
 
 なんでこの銘なのか、本人じゃないからよくわからないものから、
 これはもう確かに「ミミズク」にしか見えない花入だ、というものまで、でも、列品数は31点なので、ゆっくりながめても閉館時間(17時)に間に合いました。

 ここが近所なら、友の会の会員になって、通っちゃうんだけどなー。

 涼しくなってきたけどまだ暑い。そして帰り道はなんだか遠い。
 乗り換えで経由するのは、いつの間にか「(スカイツリー前)」がついてる「押上」。
 せっかくだしねえ、一カ所じゃつまんないしねえ、寄らないとねえ、東京ソラマチ

 East Yard4階:押上駅寄り「ソラミ坂」

 あんまり高いところが好きじゃない母と、「いろいろあっておもしろい」といいながら4階(East Yard「ジャパンスーベニア」)を中心にふらふら。
 「なんでここまできて鳩居堂で封筒買ってるかなあ」「でも銀座より空いてていい」といいつつ、1階(East Yard「ソラマチ商店街」のはせがわ酒店)では「天使の誘惑」(鹿児島の芋焼酎)を購入。なんと、適正価格。やった!(ひとり1本限定)。
 鹿児島のものをなぜここで買うのかとはつゆ思わず。

 すっかりうきうきして、値引きの惣菜も買って、・・・夜のスカイツリーは忘れました。(途中「30分ほどの待ち時間」と放送があり、けっこう空いてるのね、と思ったのにきれいさっぱり)。

|

« 根津美術館「中世人の花会と茶会」~ちょっこしヒカリエ | トップページ | 三郷花火大会・2012 »

コメント

畠山、行こうと思ってたんだ!まだまだと思ってると終わっちゃうんだよね。蚊は確かに多そうです。虫よけスプレー持参で行かなくちゃ。

投稿: こんゆう | 2012年8月13日 (月) 11時48分

こんねえさま
 まだまだ8月と思ってると、終わっちゃうんですよねー。そろそろやばい展覧会があちこちに。にしても暑い。出かける決心をするのに一苦労です。

投稿: まりも | 2012年8月27日 (月) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/55350263

この記事へのトラックバック一覧です: 畠山記念館/東京ソラマチ:

« 根津美術館「中世人の花会と茶会」~ちょっこしヒカリエ | トップページ | 三郷花火大会・2012 »