« 石洞美術館(伝統工芸日本金工展) | トップページ | 終日雨・無事/古い茶筅の再利用 »

2012年10月31日 (水)

鉄道博物館/一文字ご飯

 10月の目標としてあちこちの美術館に行く予定を立てたのですが、

 マラソンのスタート前みたい、という感想あり

 行ったのは、「鉄道博物館」(しかも10月14日、鉄道の日。これで開館30分前)。

 弁当も食べられる展示施設内でお茶

 淡交会青年部の集まりだったので、
 とにもかくにもまずはお茶。
 (フレンドリートレインでお茶点てちゃう発想も実行力もすごい)。

 ツアーのようにきっちり日程を組まれていたので、

 運転士体験(初級)もできました。

 ぴたりと停めるのは、すごいことだ
 (・・・むずかしい)。

 体験教室で着用した白手袋はそのまま持ち帰れて、茶道具を扱うのにとても便利。

 早速、
 茶事の手伝いに使用。

 当日は、ほとんどの料理が事前にできていたにもかかわらず、
 やはり懐石6人分はてんやわんや。

 その中で、
 先を平たく切った杓子でよそう、一文字ご飯の早いこときれいなこと。

 すごーい。ほしーい。

 確かこれは、「お茶事ができる懐石レシピ」に書いてあったっけ。

「一文字ご飯用の杓子」
一文字のご飯をよそうとき、杓子の先を釜肌や飯椀につけるので、先がまるくないほうが便利です。誠之庵では、市販のしゃもじの先を、椀の大きさ(一文字ご飯の左右の寸法)に合わせて斜めに切って、一文字専用にしています。昨今は安価なしゃもじを売っていますので、先を切ったものを一つ作ってはいかがでしょう。(「お茶事ができる懐石レシピ」p115 小澤宗誠・小澤宗香/淡交社)

 「作ってはいかがでしょう」。

 鋸かなんかで切るのかい?
 そのあとやすりでもかけるんだろうか。

 今度、やり方を教えてもらおうと思った矢先、

 見つけちゃった。

 おあつらえむき
 返しへら(中) (税込 630円)
 (越谷レイクタウン mori ベターリビングエクレ

 「穴が空いてた方がいいんじゃない?」
 「これでいい」
 「先は、まっすぐじゃなくて、斜めの方がいいんじゃないの?」
 「これがいい」
 「・・・なにに使うの?」
 「お茶でね、最初のご飯の一文字を切るのに、それでこないだ」
 「はいはい、好きにしてください」
 「もしも、万が一、サイズが合わなかったら、テフロン加工用のへらに」
 「やだよ、お茶のお下がりなんて」
 「・・・そういう理屈がないと、買えないでしょ!」

 買いました。

 測ってみた
 (先は7センチ)。

 早速実験。

 「極うま・炊きあがり10分前

 いーいねえ。
 (しばらく、ご飯はこれだな)。

|

« 石洞美術館(伝統工芸日本金工展) | トップページ | 終日雨・無事/古い茶筅の再利用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/56013629

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館/一文字ご飯:

« 石洞美術館(伝統工芸日本金工展) | トップページ | 終日雨・無事/古い茶筅の再利用 »