« 護国寺・茶会(雨など) | トップページ | 鉄道博物館/一文字ご飯 »

2012年10月12日 (金)

石洞美術館(伝統工芸日本金工展)

 釜師さんかまよめさんから教えてもらった「石洞美術館伝統工芸日本金工展」。
 会期はまだまだ先だと思ってたら、日曜(10/14)までだった!

 となると、今日しかない。
 依頼された、都内でのパソコン設定をさっさと終わらせ、午後に行こうっと。
 
 ところが。
 11時には終わるはずだった作業が難航し、なんと14時半。(しかも、回線が問題の可能性あり、ということで今日は断念)。そして地震。電車遅延。

 改札を出たところ

 ようよう「千住大橋駅」到着。
 美術館まで徒歩3分・・・、って、どっちに行けばいいんだ??

 駅員さんに訊いてみると、
 「右に出て、右、すぐ左、そして左です」。

 不安
 「右に出て、右」に行ったところ。

 今気付いた。小さく「直進」の看板
 「すぐ左」に入ったところ。

 「左折」看板
 「そして左」のところに左折表示。

 ここか
 そして左折したら。

 曲がると、目の前
 目の前。確かに3分。

 ゆるやかな螺旋状の館内には、金属工芸がたっぷり、113点。
 本命の茶の湯釜を中心に、ぎりぎりまでいましたが、
 配布される作品一覧に、「打込象嵌」「杢目金」「四分一」など【用語解説】もついてたので、参照しつつ、じっくりみたかった。

 ひっそりと、瀟洒な美術館。
 なんとなく遠い印象だったけど、京成線で日暮里からすぐ(5分)。

 今年はなんか縁があるなあ、と受付にあった「濱田庄司言行録」(100円)を購入して、きっとこの美術館にもまた来る、気がする。

 振り返ったら駅が見えた

 あちこちで工事中だったので、次回は、風景が全く変わってるかも。

|

« 護国寺・茶会(雨など) | トップページ | 鉄道博物館/一文字ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/55876269

この記事へのトラックバック一覧です: 石洞美術館(伝統工芸日本金工展):

« 護国寺・茶会(雨など) | トップページ | 鉄道博物館/一文字ご飯 »