« 余寒/名古屋行き予習 | トップページ | 名古屋(二日目)/ほとんど愛知県陶磁資料館「清水六兵衛家」 »

2013年2月14日 (木)

名古屋(一日目)/主に徳川美術館

 727コスメティックだーと看板を見つけて喜んでいたら、
 「なにそれ」。
 「東海道新幹線沿いにいっぱいある看板。知らない? タモリ倶楽部でもやってたのに」。
 「しらない」。

 新幹線乗車前、2時間近くグランスタで遊んでた上、すでにそこそこ飲んでいるので、家人は眠いらしい。

 仕方ないので、乗車前にキオスクで入手した「100分de名著 般若心経」を読み始める。
 (あちこちのキオスクで見かけたから、JRで推してるんだろーか)。
 ぱっとした本がなく、まあいいかと買ってみたところ、これが実に、おもしろい。

 「決めのセリフというか、最強の四文字熟語というか、泣く子も黙る風格に満ちているのがこの『色即是空』なのです」(p38)
 「『般若心経』全体を見たとき、それが「効能書き」と「薬剤」のセットになっていることがわかります」(p93)

 大乗仏教と上座部仏教(このテキストでは「釈迦の仏教」)の差異や特色の明解な説明、作為を感じないのになぜか笑ってしまうおかしみのある文章、ひとりで感心してるのがもったいなく、

 「これ斬新だよー」と見せたら、
 「こりゃすごい」と家人も読み始め、内容について討議しているうちに名古屋到着。

 駅前のオブジェ
 11時56分。

 訪問予定のノリタケは、「結婚式のため、ランチのラストオーダーが12時30分まで」とホームページに記載されていたので、即、徳川美術館へ。

 「こっちでいいの?」
 「たぶん。前行ったから」
 「そうだっけ? いつ?」
 「7~8年前。「黄金の茶道具」で茶会があったとき。すごかったよー。ほんとに本物使って。近くで見せてくれて。そんでまさに引き出物のようにおみやげがつくの。青磁の花入の写しとか源氏物語の図録とかカレンダーとか。茶券が23,000円くらいしたけど。桁違いに豪華な席で、点心もおいしくて、お酒もたっぷりついて」

 茶会の記憶しかなかったので、徳川園は初めてとばかり思ってたら、

 徳川園内

 来たことあるわ、ここ。

 人間の記憶なんてそんなもんです。

 瀟洒なレストランは「結婚式で貸切」のため、
 前回点心を食べた「宝膳亭」へ。
 座ったら自動的に「ひな御膳」が出てきました。
 雪洞の器、貝の器、菱餅の形の糝薯(真薯)、蛤寿司。かーわいい。

 所蔵品のいくつかが江戸東京博物館に来てますが、
 企画展はひな祭り

 どれもこれも精緻で豪華。
 いいなあ。これで遊びたいなあ。
 (昔、姉は母に「遊んでいい?」と訊き、「だめ」と言われて断念。わたしはさっさと、りかちゃん人形の小道具に流用。たんすや長持を開けようと試み、現場を取り押さえられたらしい、です。今もその痕跡が)。

 「いいなあ、ひな人形で遊んでるだけの人たちは」
と家人は昔の人に向かって嘆息していましたが、
 「おひなさま、出さねば」「今年の料理どうしよう」と算段しているわたしも似たような、ねぇ。

 ホテルまでのバスの中、
 「名古屋城本丸御殿、復元工事を9mからみられる
という情報を入手した家人は、がっくりとうなだれてましたが、もう間に合いません。残念。

 荷物を置いた後、最重要課題、晩ご飯を求めて名古屋駅から栄へ。

 高いところだ!

 見つけたのは名古屋テレビ塔
 これは、行かねば。

 ドアの開閉はレバー

 登録有形文化財、の中のエレベーター。
 こわい。といいつつも、

 見上げてみた

 「鉄骨、かっけえーーー」と騒いでおります。

 タワーからの夜景

 そうだ、夜景夜景。

 期間限定イルミネーション

 イルミネーション(NAGOYAアカリナイト)は2月17日まで。

 ほかに、メーカーの名入りバーション多数

 あちこち「結婚式の2次会」で貸切だったりもして(2月10日はそんなに結婚式日和なのかい?)、
 1時間以上栄をうろついた結果、疲れちゃって、目に付いた「伍味酉」へ。

 味噌串かつおいしいぞ。サラダも手羽先もほかのもみんなおいしいぞ。
 実はけっこう有名店だったそうです。
 (以下、食べ過ぎておなかが痛いのと、スケートを観た以外の記憶なし)。

|

« 余寒/名古屋行き予習 | トップページ | 名古屋(二日目)/ほとんど愛知県陶磁資料館「清水六兵衛家」 »

コメント

>所蔵品のいくつかが江戸東京博物館に来てますが

関係事業のお手伝いをしており、このタダ券が余っていました。
次回関連の企画モノの時は黒澤さんに渡しておきますね!

投稿: 狭山茶男 | 2013年3月19日 (火) 13時06分

 ありがとうございます! ご関係の方からタダ券がいただけるなんて、光栄です。心待ちにしております。

投稿: まりも | 2013年3月19日 (火) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/56764693

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋(一日目)/主に徳川美術館:

« 余寒/名古屋行き予習 | トップページ | 名古屋(二日目)/ほとんど愛知県陶磁資料館「清水六兵衛家」 »