« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月30日 (木)

高層タワーと炭手前

 足をケガしている、友人のかまよめさん

 先日、とある講演会でばったり会い、
 痛々しい膝の包帯と、でも元気そうな表情に心配したり安心したり。

 しばらく正座はムリなのよ、というので、
 すごいテーブルがあるから、茶事はできるよね、テーブルあってよかったねえと話したら、

 お招きをいただきました(!)

 場所はなんと、柏駅近くの高層タワー。金工作家・鹿島和生先生のギャラリー

 作品の展示室が待合で、
 鹿島先生自ら、金工の説明をしてくださって夢中になり、
 しまった、汲出し片付けなきゃ。

 かまよめさん作

 ベランダに設けられた腰掛待合から、スカイツリーってあんなに遠かった?、SOGOのレストランは回転するんだっけ?? などなどのりだして外をのぞき、
 しまった、席入り席入り。

 柏駅東口

 噂のテーブル。

 つい構造が気になって、横から撮っちゃう
 

 主客ともにお茶を通じて十年来の付き合い、縁の品がそこここに。

 あーあのときはこうだった、あれいつだっけ? 平成何年? うそ10年より前? うわー、これ作ってたねえそういえば。

 かまよめさんお手製の懐石(省略なし、作法どおり、きれい、おいしい!)、
 とともに、どんどん追加される、「越州(5)」と「越州(6)」(先日釜師さんが作品展をなさった「朝日酒造」のお酒)。

 ごめんね、みんな飲んじゃったよ・・・。

 でもそこはやっぱりちゃんと茶事なので、
 (そしてみんなお茶のこととなると話が尽きないので)

 中央で静かに湯気を出している釜をみながら

 「茶事」と「茶会」の境目は炭手前があるかないか、だよね。
 ということで一致しました。

 釜師さんとかまよめさんが、朝5時に起きて作ったという「"柏"餅」。

 合作のハート

 ハートマークに見えなくもない、というか、そうにしか見えない。
 それくらい、阿吽の呼吸なんだよねえ、このふたり。
 

 つい構造が気になって、下をのぞいちゃう
 

 中立でのぞかせてもらった、テーブルの下部分。
 電熱も引き込めるようになっているそうです。
 (そして、このテーブルは分解して持ち運び可能とのこと)。

 濃茶、そして薄茶と続き、
 ものすごく濃密でゆったりした時間を過ごしたのに、
 ぴったり4時間で終了。
 

 釜は「竹生島」

 正客は、しきりと「いやー、「するお茶」ってこういうことだよね」と感嘆しておいででした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

「淡交」クロスワードパズル

 やっほーい。

 「淡交」(裏千家茶道の機関誌)の、クロスワードパズルに当たったー。

 ざっと眺めてみたら、だいたい20~25人にひとり当選する割合なので、
 まーそのうち当たるだろー、と気楽に考えてたら、

 応募し始めて3ヶ月目

 当選者に名前が載った!

 「記念品」ってなーにっかなー、懐紙か色紙か、短冊か。
 いくらなんでも帛紗はないだろうなー。(←淡交会の結婚祝で出帛紗をいただいたので、だいぶよくばりになってる)。

 しばらくして、

 メール便が届きました。

 「ご当選のお知らせ」

 (わくわく)

 2冊で2,200円+税

 (・・・そうきたか!)

 ちなみにこちらは、

 

 最近、が出した本です(宣伝です)。

 さて、当選した2月号の回答は、「いしんしつ」。

 「×しんしつ」、とおしまいの四文字はわかるのに、
 どーしても最初の一字に自信が持てず、
 茶道大辞典の項目を全部、「×しんしつ」で追っかけて出した答。
 調査時の常として、後ろの頁から追っていったので、(最初からめくるとついつい読んでしまって効率が悪い)、「い」と判明したときは、うれしいというより、くやしかった・・・。

 漢字でこう書きます。「頤神室」。

 「京都市相国寺の塔頭慈照院にある茶室(後略)」

だそうです。ほーへーはー。宗旦狐*がいたお寺かぁー。

 感想を書かなきゃいけないから、本誌もちゃんと読むようになったし、
 解いてる姿を見て「そこまで本気にさせるとは。すごいパズルだね」とか感心されちゃうし、いいことづくめ、
 と書くと当選確率が下がるかもしれない、ので、「えらく難しくて時間がとられるパズル」と書いておきます。

*宗旦狐
 伝説。昔、京都相国寺の境内に年老いた狐が棲んでおり、夜寒のころ千宗旦の姿に化けて近辺の茶人を訪れ、茶を喫し菓子を食べて帰ることがしばしばあり、いつしか誰もがそれを老狐と知りつつ風流を楽しむようになり、宗旦狐と呼んだという。(「新版 茶道大辞典

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

笠間の陶炎祭(ひまつり)・最終日

 諸般の事情で、今年のひまつりは最終日(5月5日)。

 去年とデザインが違う

 それにしても、どーして毎年買ってしまうんだろう。・・・飲むと必ず後悔するんだけどねえ。

 8時5分に出発して、
 やっぱり渋滞してるので、思い切って、会場から10キロほど離れた、大規模駐車場をめざす。

 「渋滞緩和協力金500円」を払ったら、
 会場まで無料バスで送迎してくれて、
 「ひまつり」と刻印された、笠間焼の箸置2個つき。

 「キャンプ場で借りたい」と家人

 ここなら入れる。

 ちょうど発車のタイミングであっさりバスに乗れて、
 すいすい進んだら、駐車場待ちの渋滞につっこむ形で合流。

 あーここからやっぱり待たなくちゃいけないのかい、
 と思った途端、
 バスは、果敢にも、反対車線を疾走 (‘jjj’)

 対向車を止めての、壮大なごぼう抜き。
 かっけぇーーー。

 藤なら地元にいくらでもあるんだけど、つい。

 で、11時10分に到着。(人だらけなので、藤棚を撮ってみる。新しい、iPadminiで!)

 さすが、渋滞緩和のためのバスだねえ、おもしろいねえ、来年からはこれだ、と興奮してたら、

 「問題は帰りだね。座れるとは限らないし。待つかもしれないし。あんましいっぱい買えないってことだからね」

 しまった、じゃない、そんなに買わない。いや買わない。

 と思いながら、あれもいいこれもいいと眺めてたら、横で突然、

 「しまう場所については、しらないからね」

という、冷ややかな女性の声。

 言われただんなさん(たぶん)も、言われた気になったわたしも、しゅん。

 手の届く値段でもねえ、しまう場所がないのよねえ。あーあーあ。

 ならば食べもの。ビールだビールだハートランドだ。

 だがしかし。

 今年は、なぜか他の銘柄の幟ばっかり。
 いや別に嫌じゃないけどそれでも嬉しいけど、

 これでなくちゃ。

 やっぱり、ないとつまんない。

 朴葉焼きピザはたいそう並んでるし、
 去年えらくおいしかったパニーニは見つからない。

 うーーーーむ。

 とりあえず会場をぐるりと一周し、
 片口とコップをひとつ、さまざまな言い訳をつけて購入して、
 わたしは満足。

 ノンアルコールビールが極めてまずかった家人は不機嫌。
 「だーって飲めないんだもん。だからせめておいしいもの食べたいのに、どこも並んでるんだもん」

 牛久大仏をねらった写真は失敗しました

 帰りのバスも待たずに乗れたけど、
 来年は、平日に行けるといいねぇ・・・あとは、夕方をねらってみるとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »