« 京都(最終日・午前) | トップページ | 炎暑/香付花月 »

2013年6月29日 (土)

姫路城・天空の白鷺

 京都から行ける! と即決、予約した姫路城「天空の白鷺」

 「エレベーターに乗るのに並ぶからね、予約しておいた方がいいよ

 いい椅子だねえ

 豪華な椅子の姫路駅(新幹線ホーム)。

 姫路城

 駅前からまっすぐ進むと、すぐ、どどーんと姫路城。
 二条城に1時間しかいられなかったので、
 その分、姫路城はゆっくりみようと、まずは、茶室のある姫路城西御屋敷跡庭園・好古園から。

 好古園入口

 どーでもいいけど、戦国時代ってそんなにおもしろいのかい

 大河ドラマ効果。デザインは違いましたが、あちこちにのぼりが。

 雨上がりの庭

 抹茶500円

 松の襖

 瓢の襖

 「撮影は御自由にどうぞ」と言ってくださり、

 「この襖は、行きは松で厳粛な気持ち、帰りは瓢でくつろいでいただけるようになってます」

 「何名客がきたか」は受付で板木を叩き、水屋に知らせる仕組み。明快でやわらかい音がする。

 「いい音ですねえ」
 「もう20年くらい前から使ってるんですよ。ここができたときから」
 「そうなんですか。とてもきれいだからつい最近できたのかと思ってました」

 入口にあった石碑
 (竣工 平成4年4月21日/設計監修 利休居士十五世 裏千家 鵬雲斎千宗室/寄付者 二木かつみ)

 この広間でお茶を飲んだ

 外はだいぶ暑くなってきたので、冷房の入った心地よい空間についつい長居。(お茶もあじさいのお菓子もおいしくてねえ・・・)。

 好古園もだいぶ広いので、そこから、
 姫路城天守閣まで、

 こんなに遠いの?

 遠い、ねえ。

 世界遺産 姫路城

 「世界遺産 姫路城」の標示からも遠い。

 そこそこきつい

 せっせとのぼって、

 国宝 姫路城

 やっと、「国宝 姫路城」の入口。(ここで大人400円)。

 あんまり暑くなくてよかった

 さらに、せっせと歩く。

 重文

 こんなに登ったかい

 特別公開「リの一渡櫓」(重文)からみると、ずいぶん登ってる。

  
 かなりこわい

 なかには迫力ある(かなりこわい)、甲冑の数々。

 坂が続く

 まだ登る。

 やっと到着

 ようやく「天空の白鷺」に到着。(大人200円)。
 予約済なのであっさりエレベーターに乗れ(予約なしは30分待ち)、8階からみたところ。

 ほんとに目の前

 眼前には念願の、工事現場。
 よく考えれば天守閣の工事現場をのぞいてるだけですが、
 なにより「これ見せちゃえ」という発想がすごい。

 すげー

 階段で下りて、7階。休日だったので、工事の人はいませんでした。

 連写その1

 エレベーターで降りる。(五層)。

 連写その2

 降りる。(二層)。

 連写その3

 降りた。

 出てからも登る

 エレベーターを降りて、外に出たところ。
 (帰るのにも遠い)。

 姥が石

 てくてく帰る途中、ふとみあげると、「姥が石(うばがいし)」。

 羽柴秀吉が姫路城を築くとき石集めに苦労していました。城下で餅を焼いて売っていた貧しいお婆さんが、そのことを聞いて、使っていた石臼を寄付しましたので、秀吉は喜んでこの石垣に使いました。この評判はすぐ町中にひろまり、国中からたくさんの石が寄付され、お城の建築は急速に進み、立派に完成したと語り伝えられています。(説明文より)

 ほんとーかあ。・・・つい「同調圧力」とつぶやく。

 あんなに遠く

 あそこから、下りてきたんだ・・・。

 ゆかたまつり

 城内を歩いているときから、やけに浴衣姿が多いと思っていたら、「姫路ゆかたまつり」の日でした。

 20万人の人出がある、
 西日本最大級のお祭りだそうです!

 道が広いのであまり混み合った感じがしないけど、
 確かに、すごい人出。

 に背を向け、

 きぬた

 日持ちのしない和菓子の数々に頭を痛めながら、
 大好きな「きぬた」(真空パックのは賞味期限が8日後だった)を買って、

 あんまりよく見えないけどすごい人出

 新幹線ホームからみた姫路城とゆかたまつり。

|

« 京都(最終日・午前) | トップページ | 炎暑/香付花月 »

コメント

予約ができるとは知りませんでした!

投稿: こんゆう | 2013年7月 5日 (金) 00時14分

 そうなんです! 前に姫路城にいらした方から教えていただきました。1週間前に予約したときは、13時~14時の枠のみいっぱい、2日前に予約変更したときは、16時~17時の枠のみ空いてました。並ぶ時間が、もうぜーんぜん、違います。予約しといてよかった-。

投稿: まりも | 2013年7月 5日 (金) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/57696677

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路城・天空の白鷺:

« 京都(最終日・午前) | トップページ | 炎暑/香付花月 »