« ターナー展/井戸茶碗展、そして | トップページ | 謹賀新年/鏡餅・おせち »

2013年12月22日 (日)

冬至・あずきかぼちゃ

 二ヶ月、きちんとせっせと吸入しつづけた「アドエア」(喘息の薬)が、本日、「0(ゼロ)」になりました。万歳。

 そして冬至。日が延びる。よしよし。
 (母によると「一年でいちばん嬉しい日」だそうです)。

 たいへん、ありがたいけど、その前の難関。
 「あずきかぼちゃ」。

 今日のお茶の稽古でも冬至の話になり(お菓子の銘が「冬至」だった)、

 「北海道では、冬至にあずきかぼちゃを食べるのよねえ」と先生。
 「え? あずきかぼちゃって北海道しか食べないんですか??」

 甘い小豆と甘い南瓜を煮た、甘い甘い、ほくほくの代物。

 「そうみたいよ。こっち(関東)では聞かないから」
 「えーっ。知らなかった・・・。みんな食べるのかと思ってました。ほとんどの行事食は作りますが、あれだけは苦手で、作ったことないんです」
 
 「ああ、そうねえ、甘いのも、ほくほくも、苦手って言ってたもんね」

 つらい。ゆず湯は楽しいけど、あずきかぼちゃは、心底、つらい。

 「なので、母が作ったのを、ちょっとだけ、分けてもらいました」
 「いいわねえ、健康を考えてくださってるのね」

 温め直したので、かぼちゃが崩れました

 これです。

 かぼちゃを煮て、
 今年は、市販の茹で小豆と餡を加えて完成(らしい)。

 ああせめてもう少し水分があれば食べやすい気もするけど、

 「かぼちゃは、ほくほくじゃないと、だめ。水っぽいのは、かぼちゃと認めない」と先生(北海道出身)。

 後で母(同じく北海道出身)に話したら「同感」と深く頷いてました。

 汁気のないかぼちゃがつらいわたし(風習と訛りが北海道っぽいと言われるけど生まれも育ちも埼玉)は、「濃茶の前の菓子椀で出たと思えばどうにか・・・」という設定で、なんとかクリア。

|

« ターナー展/井戸茶碗展、そして | トップページ | 謹賀新年/鏡餅・おせち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/58802370

この記事へのトラックバック一覧です: 冬至・あずきかぼちゃ:

« ターナー展/井戸茶碗展、そして | トップページ | 謹賀新年/鏡餅・おせち »