« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月26日 (水)

ひなまつり・2014(組立と下克上)

 茶室というものは、
 基本的に空き部屋なので、
 いざというときに、たいへん、役に立ちます。

 そんなこんなで、今季の炉はふさいだままにしましたが、
 (釜は、お茶の先生のところで炉開きに使ってもらい、一安心)
 ひな飾りの場所は確保。

 場所を確保したら、

 両手に余る幅。そして重い。

 ・・・段を、組まねば。

 複雑怪奇

 かように複雑な構造になっているのには理由があり、

 「最初はね、一段かと思って、そして届いたら五段だった。で、その次の年にもう二段届いたから」

 つまり、五段飾りが届いた後に、二段分、ひな道具が届いた。
 そこで最初の五段に、父が二段分を継ぎ足した。しかも、最初の段の箱に収まるよう工夫して。

 「しかしすごいねえ、後から追加ってのができたんだね。しかも同じ模様で」
 「そうだねえ。(札幌の)五番館だよ確か。おばあちゃんががんばってくれてね」

 苦闘の印

 背中のばってんが大事

 震度4に耐えられないかも

 とにもかくにも、段が完成。

 「しかしよくやったよ。八畳一間に三人で、こたつ切ってあって、家具もあって、それでもなんとかおひなさま飾ったんだもん」と述懐する母。

 そしてこれからが忙しい。

 「あれ、烏帽子の向きどっちだっけ」
 「どっかで確認してるよ、ブログに載せてある
 「そーだそーだ、あっ、岩田さんの兜だ! 可笑しいーー」
 「あーーーっ、じーさん(随身)の烏帽子、かぶせんのたいへんなんだから! ちょっと笑わせないで! あーもうっ、将門になっちゃった(=首が飛んだ)よ!!」

 「そういえばさ、ひとりでじーっとしてるかと思うと、なにかしらやってたよね」(姉は"小さい頃"話でわたしをちゃかすのが大好き)
 「あーはいはい。鏡台や長持に、りかちゃん人形の服詰めたり、茶道具の柄杓とったり茶筅ひっぺがそうとしたり
 「下克上とかいって、おひなさまのところに三人官女おいたりしてた」

 と、突然姉が笑い崩れ

 「あ! 間違っちゃった!」

 下克上

 随身が、お内裏様のところにいる。

 「下克上やっちゃったよ!」

 今年のおひなさま

 どうにか今年もおさまりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

大雪/半衿付け(東京半衿)

 雪で籠城中。

 小さな巨人

 雪かきついでに家人と作った雪だるまは
 150㎝弱なので、「ももかちゃん」と命名。(ももクロの緑です、もちろん)。

 道路がぐちゃぐちゃで車は出せないし、
 (もう飲んじゃったし)、
 家人がいるので掃除は嫌がられるし、
 昨晩のビデオはことごとく雪にやられて録画に失敗。
 (伊勢神宮の式年遷宮-。楽しみにしてたのにー)。

 いよいよ暇。

 ・・・・・やるか。 溜まりに溜まった半衿付け。

 両面テープで貼り付ける、に挑戦したことがあり、
 たいそう簡単ではあるけど、
 取り替え時、テープの糊が衿に残り、
 「糊が取れない。その付け方はだめ」
 と、手入れに出した呉服屋さんに言われてしまったのでした。
 きものの学校で習ったやり方は  「三河木綿の芯」に半衿を縫い付け、
 それから長襦袢に縫い付ける、という方式。

 かっちりきれいに付くけど、固いわ何回も縫うわで、たいへんな時間がかかる。
 やってらんない。

 ので、
 先に衿芯だけを長襦袢につけておき、 衿を付け替えます。
 だいぶ早くなったものの、それでも、15分はかかる。

 社中に、いつもぴしっとした衿の方がいて、
 この前、いつか訊こうと思ってた質問を。

 「どうして、そんなにいっつも半衿がきれいなの? どうやって付けてるんですか?」

 すると、驚きの答えが。

 「これねー。うそつきなの」。
 「うそつき??」
 「あれ、御存じない? どこにでもあると思うんだけどー」
 ということで、後日見せてもらいました。

 「東京半衿」
 これ。(東京半衿)。

 2,000円でした
 どこを探しても売っていないので、  呉服屋さんに見つけてもらって、早速導入。

 付属の安全ピンでつけていく
 薄い芯に縫い付けてある半衿を、長襦袢の衿に安全ピンで留めていくだけ。
 (ウエストで衿を固定できるようゴム紐がついてましたが、使わないので取っちゃった)。

 どんどんつけていく
 すごーい。らくちーん。

 外からはわからない
 最初はおそるおそる手洗いしましたが、
 ネットに入れて洗濯機に放り込んでも平気。

 でも、ひとつしか持ってない。
 畳むにはかさばるので、付けっぱなしでしまうというわけにはいかず。
 (紹介してくれた彼女は、毎回取って洗うそうです。えらいなあ)。
 あくまで緊急用。

 仕方ない。
 やらねば。
 (両面テープ、衿につかないのがあるよー、と言ってた友人のも気になる・・・今度詳しく聞かなくちゃ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »