« 朔旦冬至 | トップページ | 1月は行く »

2014年12月31日 (水)

光陰は時にゆっくり根深汁

 年末に届いた、生協の配達(一部)。

 生活クラブ

 「絶対、ムリ。おせち作るなんて絶対だめ!!」と家人が主張し、
 「でもなー冷凍ってのもなー」とぐずっていると、あちこちから冷蔵おせちのカタログを持ってきたりするので・・・・・・ワタシマケマシタワ。

 届いてみると、思いの外、少ない。特に煮物が!
 袋も小さければ具材も小さい。生活クラブのだから、味はまあ間違いないんだろうけど。
 念のため、パルシステムでも2パック注文しといてよかったよーー。
 ・・・でもこれで、足りるのか??

 例年、余った分は「年取り」の分(大晦日からおせち料理をこう言って食べる)にしてたから、量について悩んだことなんていっぺんもなかった。どーしよー。

 重箱ふたつが埋まるかどうか、
 グルーポンの気持ち。

 作るものは多めに作り、
 煮しめには手毬麩とさやえんどうを足して、飾り切りをして、そのほかいろいろ、
 で、完成。

 祖母からもらった重箱

 春日部分は姉が詰めた

 ついでにおもちも買っちゃった。

 作るのも大騒ぎで楽しいんだけどねえ

 きれいでまんまるでつるつるすべる。
 ・・・飾ったそばから乾燥のせいか、ばりばりひびが入って剥がれてきてるけど。
 そーかそーか。市販のがぴっちり包装されてるのは、カビ対策かと思ってたけど、乾燥対策でもあるのか。勉強になります。

 出来合いのおせちを買うなら、量と大きさをよくよく確認しないとあぶないというのもよーーーーく、わかったし。(母が急遽煮しめを作ったので、大晦日に食べるものがないという危機は回避された)。

 でもまあ、料理を省いた分、ほかのことに手が回ったし、
 なにより、紅白を始めから座ってみてる!!
 奇跡的、というか記憶にある限り、初めて。

 そういう年も、ある、ってことで。

 「光陰は時にゆっくり根深汁」(母の句)。

|

« 朔旦冬至 | トップページ | 1月は行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/60904923

この記事へのトラックバック一覧です: 光陰は時にゆっくり根深汁:

« 朔旦冬至 | トップページ | 1月は行く »