« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月31日 (日)

1日目・金沢

 金沢駅・西口

 5月29日22時。金沢駅(西口)到着。
 ちょろっと金箔も見えて、おしゃれねえ。

 ホテルまで歩く途中

 よくわからない構造物もおしゃれな気がする。

 バスだらけ

 翌朝。
 15年ぶりくらいの金沢だけど、「香林坊」に行けばなんとかなる、というのは覚えてる。
 バスがぞろぞろ走ってる香林坊。

 閑散

 ・・・なんだけど、買い物目的で行った竪町通りが、閑散としてる。
 たくさんお店があった気がしたけど、こんなだったっけ?

 とにかくあちこちで工事中

 工事中の建物も、やけに目につく。

 ようやく、買い物したい店発見

 てくてく歩いて、金沢21世紀美術館前の、クラフト広坂へ。
 こういうお店を探してたのよー。
 たっぷり眺めて、ちょこっと買いました。

 ハートランドだ、わーい

 お昼近くになったので、
 「美術館で食べると間違いない」の法則に基づき、21世紀美術館の中で食事。
 無料エリアにあるカフェは、外がよーーーく見えて、すこぶる快適。

 例のプールも上から見たけど、見たかった展示は、これ。

 「平成の百工比照-技と素材の一大標本、金沢の工芸振興の系譜-」

 ・・・これがすごかった。
 無料エリアでの開催だから、まあ、そんなにないだろうと思ったら大間違い。

 例えば、染織コーナー。
 
 【一位・絹(Al)・絹(Fe)】
 つまり、輪切りにした一位の木の標本・アルミ媒染の絹糸・鉄媒染の絹糸。
 これが並んで箱に入って1セット。
 蓼藍生葉、五倍子、紫根、コチニール、などなどなど、初めて見る現物が、文字通り壁一面に。背高泡立草から、こんな穏やかで淡いベージュが出てくるとはねえ。

 材料はもちろん、科布から化学繊維の「天女の羽衣」まで布見本もずらり。

 漆工コーナーでは、「研出蒔絵工程見本」「高蒔絵工程見本」「平蒔絵工程見本」が壁に並び、
 陶芸コーナーでは酸化焼成と還元焼成の見本が酸化銅の割合毎に、結晶釉、マット釉、透明釉、乳濁釉と並んで、その上、色見本が・・・、

 つまり全部がこの調子で、どうして、これだけ短い期間(2015/5/21~5/31)の展示なんだろう、勿体ない!
 巡回してくれればいいのに、図録売ってくれればいいのに、と思いながら眺めてました。
 周囲にも、一心にメモとってる人がちらほら。

 山宇亭
 
 足も脳もへとへとになったけど、
 美術館の敷地に「茶室」があるとわかったら、見ないわけにはいかない。

 土縁
 
 立礼席

 金沢21世紀美術館の無料エリアがあまりに充実していて、 その後の石川県立美術館(やっぱり仁清の雉香炉を見たい)、石川県立伝統産業工芸館の記憶は・・・。

 ああでも、石川県立美術館のカフェは10分~20分待ち。「まれ」の製菓指導もしている辻口博啓氏のお店だそうです。

 この向こうが兼六園

 引き続き、兼六園には目もくれず、人がぎっしりいるらしい茶屋街も武家屋敷もパスして、たぶん三万歩くらい歩く。

 わからん

 だって、バスの表示が錯綜して、なにがなんだかわかんない!
 いろんな会社のバスが行き交ってるけど、なまじ「一日乗車券」を買ってしまったので、乗れないバスがある。
 行き先が比較的わかりやすいシャトルバスには、観光客がぎっしり、乗降口のステップまで立ってる。げんなり。

 ・・・とりあえず一度戻って、金沢駅構内の「あんと」でなんか食べよう。そうしよう。

 そうそう、昨日の晩かっこよかった構造物は、

 これもわかんない

 朝になって、違う角度から見るとこんな感じ。(結局なんだかわからなかった)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »