« ひなまつり・2017/老懸(おいかけ) | トップページ | 廻り炭五家宝 »

2017年3月20日 (月)

小川町/細川巻紙・煤竹

 小川町方面に用事がある、と家人が言うので、ついていきました。
 わたしの目的地は、ここ。

 埼玉伝統工芸会館

 埼玉伝統工芸会館(埼玉県比企郡小川町小川1220)

 正確には、この中の売店。(何回か行って、おもしろいのはわかってるんだけど時間が・・・)

 細川巻紙

 「特上 細川巻紙」。
 これが買いたかった。
 百貨店の文房具売り場で買った白い巻紙(600円~700円くらい)は、へたくそな字が滲みまくって悲惨なことに。
 弘法じゃないから、筆と紙選びまくり、とうそぶいて、1本1,500円です。 

 榛原謹製

 実は、こんなすごいのをいただいてるのですが、まだ出番が・・・。
 (さすがにこれは、かっこよく散らし書き風でいきたい)。

 さて、昼食に訪れたのは、こちら。 

 けっこう坂をのぼります

 重要文化財 吉田家住宅 (埼玉県比企郡小川町勝呂423-1)

 土間の囲炉裏

 一年中火が焚かれている、という囲炉裏。

 国産の煤竹はどのくらいあるのか

 ・・・これは、いい煤竹ができるでしょうよ・・・。

 板間の囲炉裏

 囲炉裏は二箇所にあって、煙もくもく。
 「帰ると、ヨシダのにおいがするー、と言われます」とお運びの方が話してくれました。
 煙草は全くだめですが、この煙はなぜか平気。 

 二階からの板間

 二階にあがって、下をみたところ。

 薄板一枚

 当たり前といえばそうなんだけど、
 二階の床板から漏れる光が、踏み抜きそうでちょっとこわい。

|

« ひなまつり・2017/老懸(おいかけ) | トップページ | 廻り炭五家宝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/65115300

この記事へのトラックバック一覧です: 小川町/細川巻紙・煤竹:

« ひなまつり・2017/老懸(おいかけ) | トップページ | 廻り炭五家宝 »