« 帯板代用品 | トップページ | 意志あるところに道は開ける »

2017年6月22日 (木)

誂え足袋

 とにかく宛名の字が大きくてびっくりした

 待ちに待った荷物が届きました。
 事の起こりは、約二ヶ月前。

 足袋があと一足になってしまい、あー早く買わないと、と思いながら、適当なのが見つからない。どう見ても足袋カバーにしか見えないストレッチ足袋は嫌いだし、そこらで買っても痛いしすぐ擦り切れるし。

 と、友人の絢子ちゃんにこぼしたら、「いいとこ、知ってますよ!」と教えてくれました。

 上野でのお茶会の帰りにタクシーで向かったのが、「めうがや」。

 そりゃあねえ、二十数年きもの着てればねえ、誂えの足袋なんてもう、あこがれですけどねえ。でもねえ。

 浅草の中心部から少し外れ、向島。桜橋の近く。
 「お茶の先輩が、足袋を誂えたいということで」と、絢子ちゃんがあらかじめ話をつけてくれてる。

 絢子ちゃんと、一緒に来てくれたバジルさんは、店内のあちこちを眺めてなんだか楽しそう。こちらは、「うわーなんかすごいとこきちゃったよ。というかほんとに誂えるのか、いいのかそんな贅沢」と秘かにうわずってる。「もし既成ので合えば、それでいいんですけど」と今さらひよってみたりする。「まず、採寸させてください」ということになる。

 お店のご主人は、慣れた静かな手付きで足の幅をぐるり、親指をぐるり、足首をぐるり、紙にのって足型をすーっと鉛筆でなぞり、あちこち計って、あちこちつついて、細かく寸法を書き入れてる。こちらは着用場面や回数、履き具合をいろいろ訊かれ、とにかく緊張。

 そもそも、よく時代劇でみる、店先に斜めに腰掛けて、正座しているお店の方と話すってー図が、・・・どうしていいかよくわからない。斜め後ろを見るような形になる。人と正対しないで話すって難しいのね。

 履いていた足袋を見せて「ここと、ここがまず擦り切れます」と説明すると、「なるほど。たいへん参考になります」と静かに頷くご主人。

 「そうですね、やはり既存の足袋ですと、足首がゆるくて合わないかと存じます」。

 誂え足袋、決定。

 「あー買っちゃったよ。ついに買っちゃったよ。どーしよー」と騒ぐわたしに、「セレブだね」「セレブだ」「足袋セレブだ、ひゅーひゅー」「足袋拝見茶会だ」と煽るふたり。いいの、「片方だけでも注文できる」って言ってたもん。右の親指の先がだめになるだけなんだもん。

 噂の値段は・・・。こちら(「めうがや・お誂えのご案内」)をご覧ください。

 さて、封筒の中身。 

 手紙はびっしり3枚

 足袋。
 お礼と今後の流れについて書かれた手紙。
 返信用の葉書。

 向島めうがや ていこ 一

 こはぜに名前と番号が入ってるーーー(!)。

 ただいま、うきうきと、90日の試し履き期間(三度以上洗濯して、履き心地を連絡する)中です。

|

« 帯板代用品 | トップページ | 意志あるところに道は開ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/65414614

この記事へのトラックバック一覧です: 誂え足袋:

« 帯板代用品 | トップページ | 意志あるところに道は開ける »