« 東京大茶会・2017 | トップページ

2017年10月28日 (土)

秋の製本週間

 爪がはがれたとき、上から貼ってしのぎました

 いつもお世話になっている薬局の片隅で行われていた処分品セールで、なにかと使う医療用テープ発見。

 「これ、楽譜の修繕に最適なのよ」と、聞いたのを思い出し、あることを思いつく。

 淡交は増えていく

 溜まりまくっている「淡交」(裏千家茶道の機関誌)。

 思いっきり開いてゆっくり引っ張るとうまく取れます

 淡交の連載(主に「点前の解説」、「七事式の解説」)を科目ごとにまとめて、

 ボンドによって出る量が違うかもしれない

 木工用ボンドを背に塗ります。
 (そのまま塗ったら量が多すぎたので楊枝を使用)。

 ダブルクリップで止めるのがコツ

 下にくっつかないよう、ダブルクリップで二か所以上止めて乾かします。

 乾燥は半日もあればじゅうぶん

 ここまでが、以前職場で教わった「余った紙でメモ帳を作る方法」。
 干してる光景を「たたみいわし」と呼んでたっけなあ。  

 木工用ボンドは乾くと透明になります

 木工用ボンドは多少はみ出しても、乾くと透明になるので安心。 

 上から一枚ずつめくれます

 これで完成に見えるけど、めくると剥がれてしまうので、

 ホワイトテープ登場

 医療用テープで背を固定。 

 ゆっくりやればはがせます

 曲がって貼って、しまった!となっても、はがせるので安心。

 淡交テキストもどき

 クリップは引っかかって嫌い、穴明けてファイルに綴じるのはもっと嫌、で延び延びにしてたのが、薄い便利な本になりました。

 「ねーみてみてーいいでしょー」と見せびらかすと、
 母から新たな修繕依頼。

 50年近く前の本

 けっこうぼろぼろでしたが、

 復活

 ふっふん。

 はがすときに読み返して、思わぬ発見があったりもして、
 秋の読書週間+製本週間。

|

« 東京大茶会・2017 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170159/65590574

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の製本週間:

« 東京大茶会・2017 | トップページ