« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月15日 (木)

抹茶の適正温度

 何度か小学生対象の「茶筅振り体験」をしましたが、「熱い」という子がいます。
 「おいしい」「苦い」より、「熱い」。

 釜と柄杓を使ってお茶を点てると、湯温は音でなんとなくわかる(熱いと低く、ぬるいと高い)けど、いかんせん、公共施設は直火厳禁のところが多く、「(後がめんどうなので)水屋使うのも、ちょっと…」と言われることもあります。電熱器じゃ足りないし。

 つまり、ポットを使用しないといけません。
 いろいろ実験したところ、

1・沸騰させたやかんの湯をしばらくおいて90度にする(ここは温度計を使用)
2・それを冷えたポットに入れると85度前後になる
3・さらに温めていない茶碗に入れると、75度前後になる(湯通ししておいても、数が多いのですぐ冷める)
4・75度前後の湯を入れて振った抹茶だと、ほとんどの子が「熱い」と言わない

 先日の茶道体験、最大の誤算は、「給湯室の、お湯を沸かすガスレンジがなくなってる(!)」。
 やかんが使えない。
 となると、電気ポットで、お湯を沸かすところから始めないといけない、しかもカルキ抜きはしたい(しばらく沸騰を継続させたい)、さらにそこから湯温を下げないといけない。

 ……間に合わない。
 ちょっと湯温にばらつきが出てしまいました。(ごめんねぇーー)。

 これは、開催4日前(水曜日)にいただいてきた花の一部。

 数寄屋侘助・白玉・有楽・紺侘助

 水曜までは寒かったのよ、確かに。

 翌日からどどんと気温が上がり、続々と開き加減になってきたので、
 花瓶にがんがん氷を入れて、暗くした部屋に置いときました。(そして祈る)。

 日曜日には、やっぱり開いちゃいます。
 侘助は、開いても使うという話と、「子どもはね、つぼみより開いた花の方がいいのよ!」という力強い助言もあり、

 桃・土佐水木・山茱萸・数寄屋侘助・窓の月

 こんな塩梅になりました。

 適正温度って難しい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

「OSAKINI」

 茶道体験の打ち合わせは、開始前のほぼ30分、食事しながらで終了。
 そして、打ち合わせというよりは、……

 「これこれ、新しいテキスト。「はじめての茶道」。320円から540円に大幅値上げよー」
 「値上げっていっても、全面改訂なんだよねー。うちに余ってるやつ、捨てずにやっぱり取っておこう!ってなった」
 「で、どのへんが変わったの?」

 S20180318_195606

 「全面カラーになった」「イラストが新しくなった」「……前のは、いつの時代よって感じだよねー」

 「それから、「英語で茶道」なんてページができたのよ!」
 「ほー」「グローバルだねー」

 「「お点前ちょうだいします」は「Thank you for the tea」、なんだ」
 「「お先に」は、「Excuse me for going before you」、…へー」
 「長いね」
 「長い」「長いよー」

 「もうさ、「お先に」はそのままでいいよ! 「OSAKINI」でいい!」
と、純嘉先生が高らかに宣言すれば、
 「そうだそうだ、「OSAKINI」を世界に広めちゃえばいいんだ!」
と、バジル先生、激しく同意。

 わたしもそう思います。

 *「茶の湯英会話」「茶の湯六ヵ国語会話」「ランディー・チャネル宗榮のバイリンガル茶の湯BOOK」(すべて淡交社)、「なごみ」で連載していた「英語DE茶の湯」(第9回 2016年9月号)、すべて「お先に」→「Excuse me for going before you」でした。引き続き調査中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

家族茶道体験(2017年度)

 前回(2016年度)は6月開催でしたが、
 今年(2017年度)は春の開催

 S254366255_org

 参加者お持ち帰り用の竹林(茶筅の山)と、主催のボーイスカウト三郷1団パンフレットと、テキスト「はじめての茶道」が並んだ受付から、

 S254366222_624

 第一会場の三郷文化会館・中会議室に集合。
 茶道ビデオ上映中も準備に余念のないバジル先生の手元には、

 S254366214_624

 S254366219_org

 S254366220_org

 S254366221_org

 練切の材料、100個分(!)
 ひとつは抹茶点て体験用、
 ひとつはおしまいのお茶会用、
 ひとつはお土産用、でひとり3個作ります。

 S20180304_140427

 これが見本。(拡大写真は、バジルさんのページで!)

 今年は去年より参加人数も増えたので、
 ビデオを観た後は、3班体制で移動。

 「さーっ、みなさん、さっきのビデオの最後、ご覧になったわね? ちゃんと靴を揃えるのよーっ」と、去年に続き2回目だけどもはや名物になっている、純嘉先生の入室指導から、

 S254366199_org

 第二会場・和室にて、お辞儀特訓とお茶の話。
 (時間が余った組には「畳体験」、つまり「畳の上でごろごろする」というたのしーいことが開催された由。さっすがー、臨機応変、変幻自在)。

 S254366198_org

 第三会場・襖を隔てた隣の和室では、抹茶点て体験。

 S254366470_org

 S254366325_org

 みんな、自分で作ったお菓子を、そーーっと持ってきて、
 「もったいないー」「切れないーー」と、黒文字握って眺めてます。
 (でも食べるとすんごく、おいしい)。
 そして食べたら、茶筅を振る! そして自分で飲む!!

 去年参加して、今年も参加する、という子は
 「やったことある。3回目」といばってます。

 初参加ながら、「何杯飲んでもだいじょうぶっす」という強者も。

 S254366402_org_2
 
 「お菓子作って、お辞儀練習して、食べて飲む」がひととおり終わったら、
 みんなで仕上げのお茶会。

 S20180304_135551_2

 終了後、軸を巻き上げているときに、
 「鑑定団だ」「鑑定団だ」とひそひそ声。

 なるほどねえ。
 「茶室をみたいんですが、近くにありますか」という質問まで出て、去年とはまた違うおもしろさ。

 というわけで、来年度も開催すべく、始動中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

ひなまつり・2018/ヤクシマルと高齢化

 「あ。ヤクシマルが禿げてる」。

 上から見ちゃうと

 おひなさまを出しながら母が指さしたのは、

 謡・ヤクシマル

 むかーし、「薬師丸ひろ子に似ている」と命名された五人囃子のひとり。

 まーねー、50年以上経ってるからねえ、高齢化が進んでます。

 高齢化が進んでいるのは出す方も同じ。

 「ねーねー、じーさんの紐、結べないよー」
 「あーもう、細かくって見えない!」
 「ちょっとー、そーっと置かないと倒れちゃうって」
 「昔はさ、こんなの、さーっとできたんだけど」
 「ちょっとそこのイワタさん、なに持ってたんだっけ
 「あれ、このふさふさ、どこについてたっけ

 ちょっと前(去年とか一昨年とか)に書いてたことを、すーっかり忘れてる。
 そのうち、なんだかおかしくなって、笑うとただでさえ覚束ない手元が余計に狂って、
 
 「「「お願いだから、笑わせないで!!!」」」

 3人で大騒ぎ。

 じーさんは縦に並んでる

 最難関、「じーさんの紐」。
 この冠をかぶせるのが、まーたいへん。

 今年のおひなさま

 ひなの宴は、また後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »