« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月15日 (日)

茶筅の持ち方

 めでたく、今年度も家族茶道体験、じゃない、「タッチザカルチャー・茶道」の開催が決定しました。(ボーイスカウト三郷1団の事業で「子どもゆめ基金」の助成をいただいてます)。

 たぶん、また3月になると思うけど。

 抹茶を実際に点ててみる、のコーナーでは、
 いつも茶筅を人数分用意してます。

 茶筅がないとお茶は点てられないから。
 道具だなんだ言っても、茶筅あってこその抹茶です。

 できれば日本の茶筅を使いたい。でも2,000~3,000円はする。それだけの値打ちがあると十分承知してる、んだけど、参加費1,000円だからなぁ・・・。

 とりあえず、去年発見した安い茶筅。

 いかにも安い

 なぜか呉服店(会員制卸問屋)で大量に売っている茶筅(左)と、しばらく前にパルシステムで買った茶筅。

 どこかで同じものがたくさん作られている

 中身は同じでした。中国製。ほぼ1,000円。安い。
 (観光地で、これとおんなじのを2,500円で売ってるの見たけどね)。

 柄が太く、初心者には点てやすいと言われている百本立。
 どうやら、小さい子の手には太すぎるのもあるらしく、鷲掴みのような手付きになる子がちらほら。むぅ。
 
 そこで疑問。
 入門時、「鼻をつまむ手」と教わり、当たり前のように、親指、人差し指、中指の三本で茶筅を持っていましたが(薬指と小指は添える)、そもそも、「茶筅を持つ手」って、どう書いてあるっけ?

 「はじめての茶道」はもちろん、NHKの趣味講座テキストや、図書館にあった初心者向け茶道本、果ては英語版まで当たってみたけど、

 「茶筅を右手で取り、茶を点てます」。
 「whisk the usucha」。

 ・・・つまり、「茶筅って、どうやって持つの?」は書いてない。

 あまりにもないので、思わず、他流(大日本茶道学会)の本まで見てしまった。
 「はじめての茶道-本人の目線で点前を学ぶ」(田中仙融/中央公論新社/2013年)には、懇切丁寧な解説が写真入り。
 流儀が違うと茶筅の正面も異なるとは知らなかったなー。(「糸の綴じ目が背面になりますので、置くときには綴じ目を向こうにして、自分の方に正面を向けて置きます」だそうです)。

 そこで、いつもの一冊。 
 「なにか復習できる本がありましたら」と、教えていただいて以来、ぼろぼろになるまで読んでる「新独習シリーズ 裏千家茶の湯」(鈴木宗保・宗幹/主婦の友社/1971年)。
 これがまた、ちゃんと書いてあるもんです。

茶をたてるときには、親指、人さし指、中指の三本で茶筅の柄を持ち、穂先を前後に早く水平にふる。

 とはいえ、
 今のところ、これ以外に見つからないってことで(たぶん、厳密に決めるものでもないんでしょう)、
 当初の問題。

 来年度の茶筅、どーしよーかなーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

ひなまつり宴会・2018

 神楽坂の「二葉」が閉店した、と今さら知って、今年のちらし寿司は二葉風にしてみました。

 魚は富士ガーデンで仕入れました

 鮪といくらと数の子、甘い味の椎茸と玉子焼。
 「甘海老がいい! 帆立もいる!」というので入れ、
 「かいわれはやだ!」というので三つ葉にしたら、
 ・・・似てない。

 むかーし、目白の蕉雨園(椿山荘永青文庫のそば)で、きものの展示会があったときは、もれなく二葉のちらし寿司が出てきて、「これ目当てに来たのよー」とおっしゃる御婦人もみかけたものです。楊柳の長襦袢地を買って、それが、はじめて自分で買ったきものだったなー。
 今は、蕉雨園も一般公開されていないようです。

 時季を過ぎちゃったので、蛤と菜の花は冷凍を使用。
 冷凍蛤は「沸騰を維持して入れてください」「保存の際は、上に重いものを載せないでください」云々となかなか難しかったけど、どうにか開きました。(ひとつはこじ開けた)。
 茶碗蒸しも出来合いを入れ替えただけ。簡単。
 それから、浦和・酒井甚四郎商店の「筍の奈良漬」。
 ここの「チーナ」(クリームチーズときざみなら漬け)はクラッカーにつけると果てしなく食べてしまい、・・・どーしよう。

 宴会でおなかいっぱい、もー動けない、まだ旧暦のひなまつりまでは日にちがあるからいいんじゃないのー、という説も出ましたが、やっぱり片付けました。

 騒がずとも、桜はそこここにあります

 金曜日(3月30日)、三郷排水機場そばの桜。
 満開。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »